ホーム > レシピ検索(一品) > 【さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト☆味の素賞】バターナッツかぼちゃと豆のまろやかトマトカレー

一品料理 【さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト☆味の素賞】バターナッツかぼちゃと豆のまろやかトマトカレー

世界にはいろいろな南瓜の種類がありますが、ヨーロッパの人たちが好きなのは、この面白い形のかぼちゃ、バターナッツ。日本の南瓜よりしっとり水分が多く、フレッシュなフルーティーな香り(メロンのような)がして、甘みがあります。火の通りが早く、つぶしてポタージュなどのスープ、プリンやケーキなどのスイーツにも向いています。

※バターナッツはかぼちゃの仲間で、ナッツではありません。

★森田 愛子様(さいたま市立常盤小学校 )
バターナッツかぼちゃの甘さを生かした甘口のトマトカレーです。「リゾット米」でサフランライスを炊いて、2種の「ビーツ」を使った福神漬けを添えました。

材料

(4人分)
【リゾット米】
米              300g
サフラン          0.05g

【カレー】
ひき肉           150g
国産ミックスビーンズ  120g
バターナッツかぼちゃ  50g
玉ねぎ           200g
にんにく           1片
植物油          小さじ1
カレー粉         大さじ2
ホールトマト        300g
味の素コンソメ        4g
水              150ml
中濃ソース        大さじ2
トマトケチャップ     大さじ2
ガラムマサラ      小さじ1/4
ナツメグ         小さじ1/2
塩                1g
こしょう            0.4g

【手作り福神漬け】
レッドビーツ         80g
うずまきビーツゴルゴ   20g 
きゅうり           60g
A 生姜            2g
A 醤油            8g
A 三温糖           4g
A 穀物酢           4g
A みりん           2g

作り方

.汽侫薀鵑録紊僕呂しておき、リゾット米と共に炊飯する。
▲丱拭璽淵奪弔ぼちゃは皮をむいてワタをとり食べやすい大きさのいちょう切りにする。たまねぎはみじん切りにする。にんにくもみじん切りにする。
¬でにんにくと豚肉を炒めてパラパラになったらたまねぎを炒める。カレー粉を入れてさっくり炒める。
ホールトマト、コンソメ、水を入れて沸騰したらかぼちゃ、ミックスビーンズを入れ煮込む。
っ翡札宗璽垢肇肇泪肇吋船礇奪廖▲ラムマサラ、ナツメグを加える。
ケこしょうで味をととのえる。
κ/青劼韻蓮▲咫璽弔鬚い舛腓切りに、きゅうりを小口切りにしてさっと茹でて冷却する。Aを混ぜたたれを加熱、冷却してビーツときゅうりを漬ける。
Щにサフランライス、カレー、福神漬けを盛り付ける。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー kcal
たんぱく質 g
脂 質 g
食塩相当量 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

写真2
 
 
 
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ