ホーム > レシピ検索(一品) > 【さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト☆応募作品】くるくる;ビーツジャムパン

一品料理 【さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト☆応募作品】くるくる;ビーツジャムパン

ボルシチの色として有名なビーツの赤は「ベタシアニン」という色素で、抗酸化作用があります。カリウムや鉄などのミネラル、葉酸も含まれています。色が特徴的ですが、甘みのあるお野菜です。
★藤井 直美様(東岩槻小学校)
濃厚なめらかプリンベースを巻き込んだ優しい味のパンに、色鮮やかなビーツジャムをのせたパンです。すりおろしたりんごとビーツの相性はぴったり!ビーツの甘さとりんごの風味がたまらないジャムです。ジャムに野菜が入っているの?と、思うほど、ビーツが食べやすくなり、パンにマッチしています。『このジャムは野菜を使っていますよ〜!』と子ども達に話した時に『え〜っ?』という、びっくりした表情を想像しながら、このレシピを考案しました。パンにジャム、子ども達が好きな組み合わせに、野菜を加えて、野菜がより好きになるよう、工夫をしました。

材料

材料 :1個分
・丸調理パン生地(冷凍) 1個
・濃厚なめらかプリンベース 10g
〈ジャムの材料〉
・ビーツ 1.5g (みじん切り)
・ビーツの煮汁 1.5g
・酢 少々(ビーツをゆでる時に使用)
・りんごペースト 12g
・グラニュー糖 1.5g
・はちみつ 0.6g

作り方

<パン>
1.濃厚なめらかプリンベースを混ぜながら加熱する。(中心温度確認・記録)

2.丸調理パン生地を解凍する。

3.2を細長く成形し、片方の端を2cm程残して、,鯏匹襦

4.最後まで塗った方の端から、渦巻きのようにくるくると巻いていく。

5.もう片方の端は、巻いた生地に馴染ませて止める。

6.上から軽く押して、少し平らにする。

7.スチームコンベクションオーブンで40℃30分、発酵させる。

8.180℃15分で焼く。
(出来上がり中心温度確認・記録)

<ジャム>
9.ビーツは、酢少々を加えた熱湯でゆでて水を切り、煮汁を取っておく。
(中心温度確認・記録)

10.りんごペースト、ビーツの煮汁、グラニュー糖、はちみつを混ぜて、加熱する。
(中心温度確認・記録)

11.9を加えて煮る。
(出来上がり温度確認・記録)

<仕上げ>
12.焼き上がった8の上に11をのせる。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー kcal
たんぱく質 g
脂 質 g
食塩相当量 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

 
 
 
 
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ