ホーム > 市からのおしらせ > 【3月19日】 毎月19日は「食育の日」

市からのお知らせ

 

【3月19日】 毎月19日は「食育の日」

毎月19日は「食育の日」です。
日頃の食生活を見直し、地元の食材や旬の味を楽しみましょう。

お花見の季節がやってきました。

昔、桜は「稲の神さまが宿る木」とされていました。
桜の花が咲くと、山から神さまがおりてきて、人々といっしょにごちそうを食べ、豊作を願ったという言い伝えがあります。

お花見といえば、花見団子。
桜の花の赤、野の草の緑、その間に立つ人を黄や白であらわした、三色のお団子です。

桜もちは、あずきあんを、蒸したもち米や薄皮などでくるみ、塩漬けの桜の葉で巻いたお菓子です。葉も食べられます。

出典:「和」の行事えほん ―佞伐討隆(睫邉子 著)


★米粉の桜色蒸しパン★
いちごジャムを使い、桜をイメージしています。
レシピはこちら↓をご覧ください(サイト内リンク)
http://genki365.net/gnks18/pub/sheet.php?id=45600



★2018さいたまるしぇ with さいたマーチ★
さいたま市内にある「食」をテーマに、市内店舗が飲食物の販売を行うほか、同日開催イベント「さいたマーチ」協賛企業・協力団体のブースが出店します。
詳しくはこちら↓をご覧ください(「さいたまるしぇ」公式サイト)
http://www.saitamarche.info/topics/9259/
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ