ホーム > レシピ検索(一品) > 豆とウインナーのトマト煮

一品料理 豆とウインナーのトマト煮

 「いんげん豆」と「ひよこ豆」の2種類の豆を入れました。
 いんげん豆は、世界中で最も多く食べられている豆です。原産地は中南米で、日本には17世紀に隠元さんという和尚さんが中国から持ちこみました。この和尚さんの名前をとって「いんげん豆」という名が付きました。
 ひよこ豆は形がひよこに似ているからこの名前がつきました。ホクホクしていて甘みのあるお豆です。
 豆は脂肪分が少ないので、脂肪分を取ることが増えた現代の食生活にはとてもいい食材です。 
(平成27年5月 市内公立中学校給食献立)

材料

(4人分)中学生1人分の4人分量です。ご家庭で量を加減してお作りください。

ひよこ豆(乾):30g(戻す)
いんげん豆(乾):30g(戻す)
ウインナー:80g(輪切り)
たまねぎ :200g(2冑のざく切り)
にんじん :60g(0.5冑のいちょう切り)
にんにく :2g(みじん切り)
じゃがいも:230g(1.5冑のいちょう切り)
エリンギ :40g(厚さ0.5僂涼産切り)
水    :200g
鶏がらスープのもと:少々
プロセスチーズ:12g(さいの目切り)
植物油  :2g(小さじ1/2)
きび糖  :1.2g(小さじ1/2弱)
食塩   :2g(小さじ1/3)
白こしょう:0.16g(少々)
トマトピューレ :84g
トマトケチャップ:24g(大さじ1と2/3)
ウスターソース :2g(小さじ1/3)

作り方

1 油を熱して、にんにくを炒め香りを出し、ウインナーを炒める。

2 たまねぎ、にんじん、エリンギを加えて炒める。

3 水、鶏がらスープのもと、じゃがいもを加えて煮る。

4 じゃがいもが八分煮えたら、トマトピューレを加えて煮る。

5 豆、きび糖、塩を加える。

6 ケチャップ、ウスターソース、こしょうを加える。

7 チーズを加え、仕上げる。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー :215 kcal
たんぱく質 :9.6 g
脂 質 :7.0 g
食塩相当量 :1.0 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

写真2
写真3
写真4
写真5
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ