ホーム > レシピ検索(一品) > きびなごごまフライ

一品料理 きびなごごまフライ

きびなごは、体側に美しい銀色と青の帯を持つ小さな魚で、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含むことから、近年人気が高くなりました。名前の由来は諸説あります。収穫量の多い鹿児島地方では「帯」のことを「きび」と呼び、「小さな魚」のことを「なご」と呼んでおり、きびなごの体に銀青色の帯模様があることから、この名がついたという説があります。また、吉備地方(岡山地方)で多く獲れる小さな魚(なご)という意味だとする説などがあります。
 (平成25年7月 市内公立小学校給食献立)

材料

(4人分)小学生1人分の4人分量です。ご家庭で量を加減してお作りください。

きびなご…新鮮なもの15〜20尾
小麦粉 …大さじ1
鶏卵  …小1個
パン粉 …50g
黒ごま …5g
揚げ油

作り方

1 きびなごに小麦粉をまぶし、溶いた鶏卵をつけパン粉、黒ごまをまぶす。

2 180度位の油でからっと揚げる。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー :94 kcal
たんぱく質 :6.1 g
脂 質 :4.4 g
食塩相当量 :0.4 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

写真2
 
 
 
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ