ホーム > レシピ検索(一品) > さんまの蒲焼き

一品料理 さんまの蒲焼き

この季節、旬の魚といえば「さんま」です。(9月〜10月中旬頃)
秋になるとあぶらがたくさん含まれた、さんまが大量に水揚げされます。さんまに含まれるあぶらは、脳の働きをよくするDHA(ドコサヘコサエン酸)や悪玉コレステロールを減らす働きのあるIPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。
さんまの栄養は、あぶらの中に多いので、栄養素を無駄なく取る工夫として、子どもが食べやすいように、小麦粉をつけ、油で揚げ、たれをかけた蒲焼き風にしました。(平成24年10月 市内公立小学校給食献立)

材料

(4人分)小学生1人分の4人分量です。ご家庭で量を加減してお作りください。

さんま(開き) …1枚30g×4枚
片栗粉    …14g(大さじ1・1/2)
揚げ油    …適宜

はちみつ …8g(小さじ1強)
砂糖   …8g(大さじ1弱)
しょうゆ …12g(小さじ2)
酒    …4g(小さじ4/5)
水    …12g(小さじ2・2/5)

作り方

1 さんまの開きに片栗粉をまんべんなくつける。

2 中華鍋またはフライパンに油を入れ、180℃くらいの温度で1を揚げる。

3 鍋にはちみつ、砂糖、しょうゆ、酒、水を入れて火にかけ、煮立ててタレを作る。

4 2のさんまにタレをかけて、出来上がり。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー :150 kcal
たんぱく質 :5.8 g
脂 質 :10.4 g
食塩相当量 :0.5 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

写真2
写真3
写真4
 
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ