ホーム > 食の安全情報 > 牛レバーを生食するのはやめましょう

食の安全・食中毒

食の安全情報

牛レバーを生食するのはやめましょう

牛の肝臓内部には、重い病気を引き起こす食中毒の原因となる「O157」などの腸管出血性大腸菌がいることがあるため、平成24年7月から飲食店などでの生食用牛レバーの販売・提供が禁止されています。
家庭でレバーを食べる場合は、中心部まで十分加熱(75℃で1分以上)調理して食べましょう。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ