ホーム > イベント > 8/25(土)映画とワークショップ「アンネの日記 第三章〜閉ざされた世界の扉」
件名 8/25(土)映画とワークショップ「アンネの日記 第三章〜閉ざされた世界の扉」
主催 特定非営利活動法人 ホロコースト教育資料センター 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年8月25日(土) 
開催時刻 1回目 : 午前10時〜午後12時、2回目 : 午後2時〜4時  
締切日 先着順 
会場 富士国際旅行社 
最寄り駅 地下鉄、メトロ丸の内線、都営新宿線「新宿三丁目駅」C5出口から徒歩1分 
地図・案内図
 
定員 各回40名  
対象者 中学生以上、大学生、教員、興味のある方はどなたでも 
申込方法 事前に申込が必要です。下記のホームページからお願いします。 
費用 参加費1,000円 当日会場にてお支払いください 
内容詳細 NPO法人ホロコースト教育資料センター(Kokoro)は
今秋20周年を迎えます。

この節目に、アウシュヴィッツを訪ねるスタディツアーを実施します。この関連企画として4本の映画上映会を行います。ツアーに興味のある方も、参加の予定がない方も、歓迎です!

1本目は、アンネ・フランクの映画を観て、ワークショップを行います。ご参加を心よりお待ちしています。

●作品紹介
映画「アンネの日記 第三章〜閉ざされた世界の扉」
ニューヨークのアーカイブで、アンネ・フランクの父オットーの書簡が発見された。それは、迫害から逃れるために、米国移住の道を必死に模索していたオットーの涙ぐましい努力を伝えるものだった。しかし叶わず、オットーは家族と隠れ家に潜伏する。1944年、隠れ家は発覚。アンネはアウシュヴィッツへ経てベルゲン・ベルゼン収容所で死亡。本作品は、家族でただ一人生き延びたオットーの証言や貴重な歴史映像を通して、ホロコーストの実態とユダヤ難民に門戸を閉ざした世界の無関心を浮かび上がらせる。

制作 アメリカ、2015年 ┃ 監督 ポーラ・フォース ┃ 日本語字幕


●ワークショップ〜こんなことやります
映画を観た後で、写真を使って、対話と思考を深めるワークショップを行います。ホロコーストの歴史を伝える写真を選択し、組み立てながら、グループ毎に「物語」を作ってみます。ホロコーストはなぜ起きたのか、日本で学ぶ意義は? ひとつの歴史が異なる様々な視点から見えてきます。


※午前と午後と、各回とも映画上映+ワークショップを行います。


お申込みは、下記のホームページからお願いします。 
問い合わせ先 電話 : 03-3357-3377
メール : info@npokokoro.com 
関連URL https://www.npokokoro.com/20180825a 
添付ファイル 20180825チラシ_上映会アンネの日記.pdf
この情報は、「特定非営利活動法人 ホロコースト教育資料センター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ