ホーム > 団体紹介 > オレンジカフェらいさぽ〜 認知症介護サポートへ向けて
オレンジカフェらいさぽ〜 認知症介護サポートへ向けて

 高齢者、知的・精神障がい者の方々の後見サポートをしている、ライフサポート東京。 

 今回は、今まで数回開催されて成果を上げている「オレンジカフェらいさぽ」についてお伺いしました。


 画像は、2018年 1月27日(土曜)開催のオレンジカフェらいさぽチラシ

 
   

Q、いままでオレンジカフェらいさぽではどのようなご相談が寄せられましたか?
 事例をひとつ教えてください。

A,介護施設の対応とご家族のご意向とのずれ…実際に入所後に感じた不便な点などのご相談がありました。
 家族の方が、パンフレットなどで施設を選ばれるんですけど、果たしてそこがご本人にとっていいのかどうかっていうのは、見学した後と入った後では感想が違う。
 見学の時には見えてこなかったことなど、オレンジらいさぽに講師として来ている社会福祉士、ケアマネージャーなどがたくさんの事例を紹介しつつご家族の納得のいくようなご案内をしたりしています。
 いわゆるセカンドオピニオン的な位置づけはあると思います。
■写真は12月23日開催風景
Q,今後の展開はどのように考えておられますか?

A,回を重ねるごとに、ニーズが多方面にみえてきていて、1月のオレンジらいさぽでは、介護を受ける側、そして介護をしているご家族の健康維持に関する体操のご指導なども展開していきます。
 ライフサポート東京は特定の施設などに活動が縛られていません。事例蓄積の還元として、参加者の利便性、そして公平中立性の高い情報提供で、これからも認知症などの要介護のご本人、ご家族をサポートできる幅広い活動の一環としてオレンジカフェらいさぽを発展的に展開していければと思っています。
〜あなたのこれからをいつまでもサポート〜
  
 ライフサポート東京について

 ブックカフェ来茶舗と認知症力フエ「オレンジカフエらいさぽ」 を運営している
「特定非営利活動法人ライフサポート東京」(略称:らいさぽ)。
 成年後見制度の活用を通じて、 その人らしい自立した生活を安心して送れるように 支援していくことを目的に活動しているNPO団体です。
 定期的に訪問したり、入院をお手伝いしたり、 もしもの際にはお葬式をとりおこなったり、 首都圏全域で、さまざまな方々をサポートしています。

 らいさぽのロゴマークは、四つ葉のクローバーと虹の架け橋。
  4枚の葉を「ご本人」 「ご親族」「行政」「民間事業者」に見立て、 らいさぽはそれらをつなぐ架け橋で ありたい、という想いをこめました。
 支援や介護を求めている方々と、 サポートしたいと考える私たちの、お互いの 顔が見えるようなひとつの拠点として、 ブックカフェ来茶舗と認知症力フエ 「オレンジカフエらいさぽ」を運営しております。 どうぞお気軽にお越しください。





 成年後見制度にご興味をお持ちのかたがいらっしゃいましたら、 お電話やメールで お問い合わせいただくか、下記のHPをどうぞご覧ください。

 特定非営利活動法人ライフサボート東京

事務局:〒141-0032東京都品川区大崎1-20-8 INOビル大崎503 TeI.03-3472-8595
E-mail office@life-spt.tokyo

ホームページ 
http://life-spt.tokyo/

、オレンジカフェらいさぽ
今後の予定 〜平成30年〜
・1月27日(土)「簡単な認知症チェックをしてみよう」
・2月24日(土)「口腔ケアでいつまでも美味しい食事」
・3月24日(土)「認知症予防のための食事メニュー]
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ