ホーム > 団体紹介 > NPOライフサポート東京
NPOライフサポート東京

NPOライフサポート東京の広報部大松理事に、活動内容などお話をうかがいました。


 
   

ふと気が付くと、物忘れが多くなったり、身体的な衰えから日常生活に支障がでてきたり…そんな日々の生活をサポートしてくれる制度の一つとして成年後見人制度がある。
判断能力の衰えに対する不安を、法律的に支援する。

民法に基づく法定後見と、任意後見契約に関する法律に基づく任意後見とがある。

 NPOライフサポート東京は、その成年後見人等をNPO法人として受任している組織。

 
サポート内容を具体的に例示すると


 今は元気でも、将来に不安がある場合… 

 定期的に訪問したり、電話するなどして見守り。
 急な入院などにも対応。
 遺言書の作成をお手伝い。


 認知症になったら…

 家庭裁判所への申立てのご相談に対応。 
 ※弁護士または司法書士が書類作成。
 成年後見人(保佐人・補助人)をお引き受け。
 大切な通帳や証書を責任をもってお預かり。
 施設探し、手続き、支払い等、必要な作業を支援。
 介護職員や医師と連絡をとり、ご本人の状況把握。
 残ったご自宅や家財の管理や処分。
 成年後見人(保佐人・補助人)になったご親族のお手伝い。

などなど。 制度の利用は、本人からよりも本人を取り巻く周りの人々から相談を受けて開始されることが多いとのこと。
 
NPO法人として受任することのメリットとして、 万が一担当の会員が急な対応が出来ない状態にあっても、代理で他の会員が業務を滞りなくつないでくれるとのこと。

 担当者個人の資質に左右されない安定した事務を実現するために、組織内で定期的に研修や監査を行い、常に後見事務の質の向上を目指しているとのこと。

 

 また、様々な地域に沿った助成金申請等の手続き、有資格者の会員による専門知識の共有などのノウハウの蓄積も法人としてのメリット。公的助成金や区民からの寄付金の活用と法人内での再配分など組織で対応することで、資産的に支払いが難しい世帯にも、なんとかサポートできるようなあり方をめざしているとのこと。社会福祉協議会や区役所などと連携したり、夢さんばしイベントなどで相談会をしているとのこと。
 地域社会にとってのセーフティーネットのひとつとして拡大していける可能性がある団体ではないかと感じました。


ホームページ http://life-spt.tokyo/
NPOライフサポート東京 ロゴマーク
左より、事務局長 笈川信孝 さん、理事長 平松太郎 さん、副理事長 田村通彦 さん
理事長近景
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ