ホーム > 団体紹介 > 品川尚和会
品川尚和会

品川尚和会、加藤会長にお話を伺いました。

(文字のクリックで、本文に飛べます。)

 
   

○小さいとき、空襲で疎開した後、小学校のときに戻ってきて以来70年近く、この町会で暮らしていらっしゃるとのこと。

お父様も町会の役員をなさっておられた関係で、多数の部会の担当歴任された後、会長に就任されました。

財務環境の改善などを通し、尚和会の現在の活動の発展を導いておられるようです。

○資源回収を収入につなげるということでは、品川では先駆けではないかとのこと。

実際、資源回収を地域で活発に行い、業者へおろし、その貯金で、前会長の方とともに御尽力され現在の尚和会館を建てるという成果を実現されました。

○餅つきの会やお祭りのときは、他地域からもたくさんの人が訪れるそうで、オープンで明るい品川尚和会の雰囲気を表しているようです。気前の良い町会は昔からの伝統。

○これからの活動の方向としては、防犯防災への注力があげられるとのこと。

町会としての防犯カメラの設置、町会内にある18箇所の地面にある消火栓から直接放水できる、スタンドパイプの補充など地域の特性に合わせた防犯、防災の備えを推進されているそうです。

○また、これからも近隣6町会の連携を深め、よりよい地域づくりを進めていかれるとのことでした。
資源回収に活躍する、
最新式リアカー。

ぴかぴかアルミで、
折りたたみ可能。

明るい、尚和会町会の皆さんと。
町会の皆さんの努力の結晶、
尚和会館。
ホームページ

http://www.geocities.jp/sinagawasyouwakai/
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ