しながわ すまいるネット運営委員会

小関みどりと花のボランティア

私達の会は、居木橋、森永橋間の目黒川北岸防潮堤面の緑化植栽育成を主目的、遊歩道の美観維持を副目的として、清掃、除草、水遣り、枯れた植栽の整理・補植等の活動をしています。
現在の登録会員は12名、毎週水曜日10時頃の定期活動の他に、有志が随時、ゴミを拾いや排水孔の目皿の目詰まり除去を行い、心持ち良い歩道作りを図っています。
小潅木の、コトネアスターと斑入りの木蔦は、共に成長が遅く、やきもきしましたが、最近は先端が満潮ラインまで懸垂し、今年の増水時の激流にも立派に耐え、使命を果たしています。
植栽が川面まで垂れ下がることを嫌う人が居るらしく、5〜6年掛けて成長した木を根元から切り捨てられる被害が跡を絶ちません。また、夏に可憐な一日花を次々咲かせるツルニチニチソウを蔓ごと引き抜く通行人がいて、悲しい思いをしますが、めげずに頑張っています。
添付写真は、水遣り活動と、最近の懸垂状況の一例です。

前のページへ戻る