傾聴バレンタイン

令和2年2月のほっとサロン「うさぎのおみみ」では『自分の未来へ人生再設計』 を楽しみました。

令和2年2月19日(水)、ところどころに咲く梅の花を見ながら、ほっとサロン「うさぎのおみみ」には大勢の方々にお越し頂きました。

 今日の「うさぎのおみみ」では、『自分の未来へ人生再設計』と題して、いかに自分らしく将来を見据えて生きることが出来るのか、その心得を皆で勉強しました。本会には、品川区社会福祉協議会の「成年後見センター」「支え愛ほっとステーション」をご担当されている方々にお忙しいところをお越しいただきました。
 前半部は、超高齢化社会の身近な生活をサポートする「支え愛・ほっとステーション」について、事例を交えて教習して頂きました。
 後半部は、将来の自分を描きながら、安心して幸せに生きるための準備をテーマごとに、自ら考えながら講習をして頂きました。将来の準備は元気でいる「今でしょ!」のタイミングが大事なことも知りました。
 皆さんからは、尊厳死、相続、遺言などの質問も寄せられ、予定の時間を過ぎてもひとりひとりにそして親切に説明して頂きました。ありがとうございました。
 
 大塚さんによる『ミニ運動教室』ではゆっくりした動きで、関節運動、血流循環ストレッチなどをしました。身体の動きに活力がでてきました。

 『まったり井戸端会議』では、コーヒーの香りに包まれたおしゃべりで、気分転換となりました。

 締めくくりには、上島さん、長友さんによるハーモニカ伴奏で春を迎えるにふさわしい「どこかで春が」「うれしいなひな祭り」「四季の歌」」「故郷」の曲を歌いました。
 
 次回、ほっとサロン「うさぎのおみみ」は 3月18日(水)午後2時より(開場1時45分)、南品川シルバーセンターにて催します。『ミニカルチャー/しながら体操で健康な身体づくり』のほかに『まったり井戸端会議』『昔話』『春を歌おう』を予定しております。 皆さんそろってお気軽にお越し下さい。参加費無料

 ※新型コロナウィルスの影響で本会が中止になる場合もあります。当日、南品川シルバーセンターにお問合わせ下さい。(03-3471-7000)

わが身に振り返って将来のこと、皆さん熱心に聴講してます。
資料、冊子などを用いて親切に分り易く説明して頂きました。
社協の若々しいご担当の皆さんによる解説で、ほっとステーションがとても身近に感じることが出来ました。
資料もたくさん用意して頂きました。
ミニ運動で、血流スピードもアップしました。
次回は令和2年3月18日(水)午後2時より、南品川シルバーセンターにて。(開場1時45分)『ミニカルチャー』『まったり井戸端会議』『昔話』『春を歌おう』を予定しております。コーヒーやお菓子も用意してあります。皆さんと大いに楽しみましょうましょう! 参加費無料
 注意:新型コロナウィルスの影響で本会が中止になる場合もあります。当日、南品川シルバーセンターにお問合わせ下さい。(03-3471-7000)
前のページへ戻る