傾聴バレンタイン

傾聴バレンタイン 平成31年1月の定例会

傾聴バレンタインの定例会が平成31年1月21日(月)14時〜16時、品川ボランティア活動室にて、7名が参加して行われました。

まず、藤本代表より第12回定期総会(2月18日)の原稿資料に基づき説明がありました。
平成30年度の活動報告を主体に振り返りました。
「うさぎのおみみ」の運営については「高齢者同士の支え愛」のモデルとして育成してきているが、まだ進化途上にある旨のコメントもありました。

伊藤副代表からは、平成31年度の具体的活動計画について説明があり、参加メンバーによる活発な討議がなされました。
討議のうち、介護保険の利用者側として、実務的な知識不足を補足するには、行政担当者からのレクチャーも必要ではないのかとなり、この点は「うさぎのおみみ・ミニカルチャー」で取り上げることで意見集約しました。
そのほか、俳句、川柳などフランクな意見交換がありました。





前のページへ戻る