傾聴バレンタイン

9月のほっとサロン「うさぎのおみみ」では『三つの視点で健康の秋』を楽しみました

平成30年9月17日(水)、ほっとサロン「うさぎのおみみ」には、秋風を感じるこの日、たくさんの方々にお越し頂きました。

会の始まりに「パタカラ歌」を皆で歌い、最初から盛り上がりました。今日のミニカルチャーの趣旨にもつながる歌でした。

ミニカルチャー「三つの視点で健康の秋」では、曽根うさぎさん(曽根清次さん)、のりまきノリちゃん(立花典子さん)による健康漫才「健幸リンパゆらし漫才パート2」を楽しみました。人の身体に800もあるリンパ節の役割とそれを活発にするための実技も学びました。少しの体験時間でも血流の循環が良くなりました。

二つ目の視点は、斎藤さんによる「誤嚥性肺炎防止の運動」について解説して頂きました。宿題の「穴あきストッキングの穴の役割?」に関する正解発表もありました。プロジェクターを使った説明で、とても解り易かったです。

三つ目の視点は、渡辺和子さんによる「簡単・楽しく呼吸運動」を実技とともに楽しみました。座ったままでも簡単に出来る呼吸運動で無理なく健康になれます。

次に、藤本さんによる身近な防災対策の話しがありました。品川区防災マップなどを通じて、普段知っている様でいて、忘れている日常の防災にあらためて関心を寄せました。

麻山さんによる、コワ〜イ昔話を聞ききました。 小泉八雲「のっぺらぼう」です。
何かゾッとして、室内も一瞬凍りました。

締めくくりに、上島さんと佐中さんのハーモニカ伴奏により「案山子」「旅愁」「虫のこえ」などを、実りの秋を感じながら皆で歌いました。

次回、ほっとサロン「うさぎのおみみ」は八十八回を迎えることから、米寿のお祝いとして10月17日(水)午後2時より、南品川シルバーセンターで催されます。
スターバックスコーヒー『コーヒーのいれ方』、出前寄席『私は騙された?劇場』を楽しみましょう。是非お立ち寄り下さい。無料にてお待ちしております。

リンパ節が800もあることに、ビックリ!でした。
画像も鮮明に、プロジェクターもグッドです。
穴の中に見えるちょっとシワっぽいのは、半透明のポリ袋です。
ストッキングを履く前に、被せておき、履いた後に穴から引き抜きます。慣れないと簡単にはいきません。
呼吸体操の一コマ。息を吸いながら、ゆっくりが、健康への花道です。
呼吸体操の解説資料。
お茶は、心の安定剤。
災害は忘れた頃にやって来る、を忘れないで下さい。
最寄りの避難地域を、しっかり確認しておいて下さい。
稲穂もたわわに、秋の収穫はもうすぐでしょう。
次回は10月17日(水)14時〜、南品川シルバーセンターにて。「うさぎのおみみ」も回を重ねて八十八回を迎え、米寿のお祝いとなります。
お気軽に、是非お立ち寄り下さい。
前のページへ戻る