傾聴バレンタイン

4月のほっとサロン「うさぎのおみみ」では『ロコモ美立体操』を楽しみました

平成30年4月18日(水)、ほっとサロン「うさぎのおみみ」には雨模様のところ、たくさんの方々にお立ち寄りいただきました。
 
 今日のミニカルチャーは『ロコモ美立体操』と題して、蠹豕在宅サービスのチーフインストラクター小久保さんと同社の小泉さんにより、浅草ロコモ体操の実技と基礎知識をていねいに指導して頂きました。
 自分の中心探し、スクワットの良い方法など、無理せず生活習慣のなかで継続して体操をすることの大切さを教わりました。また、体操に意識を集中しないと効果は減じることのお話もありました。

 「まったり井戸端会議」のあとの「昔ばなし」では犹廚そ个旅掌庸笋蠕次蹐鯔禹海気鵑房賊蕕靴督困ました。
 「あさり売り」「納豆売り」「キン魚売り」ほかに「こうもり傘の張替」「いわし屋」「豆腐屋」など、懐かしい売り声をタップリ聞かせて頂きました。

 締めくくりにアカペラで「おぼろ月よ」「あざみの歌」を皆で調和よく歌いました。

 次回のほっとサロン「うさぎのおみみ」は5月16日(水)午後2時〜、南品川シルバーセンターにて開催します。ミニカルチャーは「俳句で遊ぼう」です。参加費無料、是非お越しください。お待ちしております。
 
 今年、10月17日(水)の「うさぎのおみみ」は第88回を迎えることから、「米寿(88回)記念の集い」を企画しております。皆さんとご一緒にその日を楽しみたいと願い、企画から参加して頂ける方を募集しております。「傾聴バレンタイン」へお気軽にご連絡下さい。
                   

 元気な説明で背筋もピンとなりました。
 だれにでもすぐに分るロコモ美立体操のテキストです。
 コーヒーで気分転換も健康への
道のりでしょうか。
 身体の重心の取り方を教わりました。
 訪問マッサージのことも話して頂きました。
 懐かしい「売り声」を聞きました。町内に売り声がとおる時代は人々のつながりが、今よりもっと強かったような気がしました。
前のページへ戻る