年輪の会

2017年度第3回研修会の報告。

11月5日(日)スクエア荏原 中会議室にて、当会顧問医師 丹羽真一先生をお招きして研修会が行われました。参加者18名。
題目「統合失調症当事者の引き籠りへの対策」
統合失調症の症状や経過、治療法等の基本情報から、当事者のリカバリーや社会参加への取り組みと課題を、ご自身が訪問されたイタリアのトリエステ市の精神科医療サービスシステムの例を挟んで、お話して頂きました。

 
   

 いつもよりお客さん入っています。
先ずは基本データから。
「統合失調症の自然経過」
経過を4期に分け、それぞれ治療目標が有ります。
グラフのギザギザは再発の成り易さを表し、再発防止を目指します。
 
 発病・再発を防ぐには、
・周囲からの支持
・生活技能の形成
・移行的プログラム
・抗精神病薬
以上の“防御因子”を強くします。
 写真は2001年WHOの障害者モデル。狃侏茲覆ぁ匹ら犹臆叩匹悄
当事者の社会参加を治療ゴールとしています。
リハビリとノーマライゼーション(環境調整)と共に、エンパワーメント(本人の力)が、引き籠り回復の要因です。
 より身近でモデルになるような当事者の影響を受け、社会参加の機会を知ることが、エンパワーメントに繋がります。
 治療者と当事者でリカバリーの捉え方は違います。「精神障害を持ちながら、ふつうの人として元気に生きるという考え方、生き方を身につけられるようになること」
「パーソナル・リカバリー」を満たす4つの条件。
1.希望 
  目に見える現実的なビジョン
2.エンパワメント
  自分の可能性と能力を感じる 成功体験
3.自己責任
  リスクを抱え失敗や過ちから 学ぶ。(失敗から学ぶ姿勢を周 りの人と共有する)
4.生活の中の有意義な役割
  普通の役割を引き受ける

地域生活移行
FACTを作る会
トリエステにいってきました。
地域保健センター
ある患者さんの共同住居を尋ねる。
質疑応答
前のページへ戻る