品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)

品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)       第4期第08回練習

4期第08回練習 [カノン(管弦楽版)とスラヴ舞曲の初合奏]
7/23(日)にSJPOの第4期第8回の練習が立会小学校音楽室で行われました。

【第4期第08回練習】

  ◆日時:2017年7月23日(日)09:15-12:00
  ◆指導:長田先生、篠原先生
  ◆サポーター:
   Vn山内さん/中谷さん Vc杉本さん Cb山越さん
   Ob田中さん Fg米山さん Hr中谷さん Tr益子さん Pr梅内さん

  ◆スケジュール
   09:15-09:30 セッティング/音出し
   09:30-09:40 諸連絡
   09:40-11:10 スラブ舞曲第一番
   11:20-12:00 カノン

♪♪♪

◆一学期最後、そして夏のワークショップ前の最後の練習は長田先生の合奏でした。

 
   

◆分奏やパート練習の時間がないので、長田先生からの指示をトレーナーやサポーターの方々が楽器ごとにフォローして効率よく合奏が進んでいきます。
◆分奏やパート練習の時間がないので、長田先生からの指示をトレーナーやサポーターの方々が楽器ごとにフォローして効率よく合奏が進んでいきます。
打楽器も大活躍です
◆最初はメロディや伴奏などのバランスもないような状態だったのが、少しずつですが目に見えて音楽が変わっていきます。
◆ドヴォルザークのスラヴ舞曲第一番で使われているのは、フリアントという独特のリズムを持つボヘミアの踊りなのですが、譜面の3拍子のイメージとかなり変わり、なかなかうまくリズムがつかめません。
◆そこで手を叩きながら、2拍子と3拍子の組み合わせを体得していくことで、曲の雰囲気がつかめてきたようです。
◆休憩中もただ練習しているだけでなく、パートごとに団員同士で合わせる箇所を確認してみたり実際にパート練習をするような光景が見られるようになってきたところに成長を感じさせられます。
◆休憩中もただ練習しているだけでなく、パートごとに団員同士で合わせる箇所を確認してみたり実際にパート練習をするような光景が見られるようになってきたところに成長を感じさせられます。
◆またプロのトレーナーの先生と楽器のことのみならず、色々話ができることも団員たちの楽しみの一つです。
◆またプロのトレーナーの先生と楽器のことのみならず、色々話ができることも団員たちの楽しみの一つです。
◆でもやはり楽器を弾くのが楽しくて仕方ないようで、暇さえあれば練習している団員の多いことといったら!
◆あっという間の2時間半余りの合奏が終わりました。自分たちのためにオーケストラの曲を編曲してもらえるというのも本当に幸せで恵まれた環境ですね。
前のページへ戻る