品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)

品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)       第4期第02回練習

4期第02回練習[ドボルザークの初合奏]
◆4/30(日)に、品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の第2回の練習が行われました。
♪♪♪

【SJPO4期第02回練習】
 ●日時:2017年4月30日(日) 09:15集合 09:30-12:00
 ●場所:品川区立立会小学校3階音楽室
 ●指導:長田先生/篠原先生(木管)/橋本先生(弦)
 ●サポータ:山内さん(Vn)/片山さん(Vn)/中谷奏さん(VnVa)/根井さん(Va)/
       神野さん(Vc)/山越さん(Cb)/田中千さん(Ob)/米山さん(Fg)/
       中谷さん(Hr)/益子さん(Tb)/梅内さん(Pr)/横山さん(Pr)
 ●スケジュール
 09:15-09:30 集合/セッティング
 09:30-09:40 諸連絡
 09:50-10:50 パート練/分奏(ドボルザーク)
 11:00-12:00 合奏(ドボルザーク)
♪♪♪

◆前半は、各パート/セクションに分かれての練習でした。
 今期からビオラをバイオリンの音域で弾けるようにして、さらに易しくした第三バイオリンのパートを新設しましたので、パート練習も3カ所で行うことになります。


 
   

 今期の最初の課題曲であるドヴォルザークの交響曲第8番は、SJPOでは初めての本格的交響曲挑戦となります。今までの曲に比べて曲も長く音符の数も多いので難易度も上がり大変ですが、トレーナーやサポータのきめ細かい指導のおかげでなんとか食いついていっていました。
初級者対象の新設の3rdヴァイオリン
◆チェロはこの日体験見学に来られた中3のK君にマンツーマンの指導となりました。
初めてのオーケストラの不安げでしたが、いざ弾き始めたら楽しかったようです。
◆今期から初心者の新入団員も含めて5人の大所帯となった打楽器パートは、基礎練習からみっちり密度の濃い練習でした。低学年の子たちとって初めて触るティンパニをたたくのもドキドキだったようです。
◆音楽室ではトレーナーの篠原先生の木管分奏でした。どのパートも美しくも難しいソロがある上、楽器も色々と絡み合うので、きちんと整理しつつ聴きあって演奏することを重点的に意識しての練習でした。
◆休憩をはさんで、長田先生の今期初合奏です。
新入団員や体験見学のメンバーにとっては、生まれて初めてのフルオーケストラでの合奏となりました。
前のページへ戻る