品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)

品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)第3回定期演奏会

◆3月26日に品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の第3回定期演奏会がスクエア荏原ひらつかにて行われ、大成功をおさめました。一年間練習を積み重ねてきた成果を存分に発揮して、長田先生の情熱的な指揮のもと、団員たちも見事にこたえて集中した素晴らしい演奏となりました。
♪♪♪
【品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)第3回定期演奏会】
★日 時:平成28年3月26日(日) 14時00分開演
★会 場:スクエア荏原ひらつかホール
★曲 目:
 ●J.ブラームス:ハンガリー舞曲第一番ト短調
 ●J.ブラームス:ハンガリー舞曲第六番ニ長調
 ●W.A.モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 
 ●F.プーランク:フランス組曲より「シシリエンヌ」(木管)
 ●L.ドリーブ:歌劇「レクメ」より「花の二重唱」(木管)
 ●T.スザート:ルネサンス舞曲集(金打)
 ●J.シベリウス:カレリア組曲より「行進曲風に」
 ●J.シベリウス:交響詩フィンランディア
★指 揮:長田 雅人
★入場料:無料
★後 援:品川区/品川区教育委員会
     品川区立小学校PTA連合会/品川音楽文化協会
     公益財団法人 品川文化振興事業団
♪♪♪
◆朝から全員でセッティングを手早く済ませ、午前中の集中したリハーサルも無事終えて、いよいよ一年間の集大成である定期演奏会が開演しました。

 オープニングのブラームスのハンガリー舞曲第1番と第6番は昨年も取り上げた曲でしたが、今年は本番団員は暗譜で臨み、技術的にも表現力も格段にレベルが上がり一年間の成長を十分に感じさせるものでした。

◆そしてセッティングを変えて室内楽コーナー。こちらも暗譜でしかも立奏となりました。最初の弦楽アンサンブルはモーツァルトのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークの第一楽章と第二楽章でした。

 
   

◆木管楽器は、山田先生のアレンジで、ドリーブの三重奏とプーランクの五重奏を演奏しました。
◆金管・打楽器セクションは、スザートのルネッサンス舞曲を打楽器2人を加えて8人での演奏となりました。この曲も暗譜で堂々と吹ききっていました。
◆休憩をはさんで、後半はカレリア組曲より「行進曲風に」と、交響詩「フィンランディア」のシベリウス2曲というプログラムでした。
 フィンランディアは昨年10月の品川区民芸術祭「ティーンズコンサート」で、カレリアは12月の第九イベントと、それぞれ本番を経験している曲でしたが、わずか半年弱でも十分に団員たちの成長を感じられる圧巻の演奏でした。
前のページへ戻る