品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)

品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)       第3期第18回練習

【SJPO3期第18回練習】

 ◆日時:2017年2月19日(日)09:30集合 09:45-12:00 
 ◆場所:立会小学校音楽室
 ◆指導:篠原先生/香田先生/橋本先生
   サポーター:Vn山内さん/Va根井さん/Va中谷奏さん/Vc杉本さん/Hr中谷さん
     Tb益子さん/Hr中谷/Pr梅内さん

 ◆スケジュール
  09:30-09:45 集合/セッティング/音出し
  09:45-09:50 諸連絡
  09:55-11:15 分奏
  ・金打:香田先生:音楽室
  ・木管:篠原先生:6−1
  ・弦 :橋本先生:(6−2/6−3)
  11:30-12:00 合奏(中谷):ハンガリー舞曲1番&6番

◆この日は、金管トレーナー香田先生、木管トレーナー篠原先生、弦トレーナー橋本先生と3人のトレーナーの先生に観ていただいて、前半は室内楽の練習を時間をかけて行いました。

 
   

◆弦楽器は、最初はパート練習で、1stと2ndに分かれてモーツァルトのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークの1楽章と2楽章の練習です。昨年演奏したことのあるメンバーもいますが、時間も経っているので自分の癖で弾かないように改めてきちんと演奏することを心がけての練習でした。
◆木管楽器セクションは篠原先生のご指導で、室内楽コーナーで演奏するプーランクとドリーブの曲を演奏しました。裏拍の感じ方などを皆で合わせないと曲になりにくいので、全員がメロディを意識してフレーズを揃えて演奏する練習をしました。
◆金管打楽器セクションは香田先生の分奏で、コンサートの室内楽コーナーで演奏するスザートのルネサンス舞曲集の金管五重奏+打楽器版の練習でした。
吹きっぱなしのかなりきつい曲なので、息をたっぷり使って力まず楽に歌うことを意識しました。
前のページへ戻る