年輪の会

2017年度第1回年輪の会研修会の報告。

 7月2日(日)、荏原保健センター多目的室にて、
足利市立美術館学芸員 篠原誠司氏を迎えて、
「アートと精神障害〜双極性障害を持つある美術家の生涯〜」
というテーマで研修会が行われました。参加者14名。
 今回はアールブリュット(生のままの芸術、いわゆる障害者のアート)や
アートセラピーではなく、現代アートの立場から、2013年に亡くなったアーチストの
エピソードを、病の為に発表が叶わなかった作品の実物と資料を交えて、
話して頂きました。
 後半では、篠原氏が現在関わっているアールブリュットの紹介と共に、
質疑応答が行われ、アーチストにとっての作品を生み出す事と社会受容との関わりや、
福祉の立場から障害を持つアーチストの支え方、
そもそも芸術に障害の有無は問われるのか等、様々な意見が提示されました。

 
   

 K.K氏(遺族の許可を得ず、
匿名)。1937-2013。
1960年美大絵画科卒。50年代後半から、各所で作品発表。
映画美術、服飾デザイン会社、
美大教員、また研究員として
西欧、アジア、中近東各所滞在。
 95年、被害妄想により大学を
退職。
96年の個展初日に入院後、作品は発表出来なかったが、亡くなる
直前まで作り続けた。
写真は、96年、銀座での最後の
個展。
 晩年の作品を実物で解説
(アラベスクシリーズ)。
生涯のテーマは海、旅。
布を画材に、アラビアのスカーフを使っている。
 ある日、棺桶を買ってきた。
家族の反対により返却。
(その棺桶を使った作品、
見たかったなぁ)。
(でもそれ作っていたら破滅していたかも)。
(家族がいて良かった。
大変だったと思うけど・・)。
 追悼展に集う人々。
ゆかりのある音楽家がライブ
演奏、大好きな音楽で送る。
(皆に愛されていたんだなぁ〜)
 

 これは篠原氏がちょっと
関わっているアールブリュット。
福島県猪苗代町の
「はじまりの美術館」。
沢山の文字で構成されている
作品。
(ことばの始まりを求めたら、アールブリュットに行き着いた)
 障害を持つアーティストと
アールブリュットの違い。
他者との関わりに対しての意識の有無。
(自己の内面を)他人に見せる事を目的としているか。
 (現代アートとは)、
自分にも見えない心の内を描く。
あるテーマを見出し、疑問を形にする。いかなることがあっても
自分のテーマを追求する。
 (精神障害者にとって)、
アートとは、心の中のカオスを
システム化する試みか?
(写真は篠原氏が関わる、詩人 吉増剛造氏の作品。写真フィルムを多重露光したもの)。
 質疑応答
福祉的見地から、
「障害のある人の作品を埋もれさせない。発表の場が欲しい」。
「福祉にはノウハウがない(特に精神は)。
アートの立場から福祉に働き掛け連携して欲しい」。
前のページへ戻る