コール 若葉(混声合唱団)

2017年/2018年 活動報告

2017(平成29)年ー

6/18 第118回 品川区合唱祭(きゅりあん大ホール)

リハーサルを終えて いざ本番です。
その前に恒例の記念写真を(7Fイベントホール) 

<さだまさし作詞作曲>♪「天までとどけ」
<栂野知子作詞作曲>♪「待っているから」

講評:安藤陽一先生(合唱指揮者)
二部構成26団体参加

2017(平成29)年ー

7/30 第二回ユニバーサルコンサート(荏原文化センター)−1

今年も NPO法人あい・友 主催のコンサートに品川少年少女合唱団と共に出演しました。プログラムに【遊音】とあります。その意味は、音(音楽)や色(絵画)、遊びを通して障害を持つ方や高齢者の方、子どもや大人、全ての方々がひとつの空間を共有し、新しいつながりを創造していく。そのことを皆で協力して作り上げること※ 
 
2017(平成29)年ー

7/30 第二回ユニバーサルコンサート(荏原文化センター)−2

本番前の女声ひばり嬢たち。発声、食事も終わり、お化粧もバッチリ。衣装に着替えて本番を待ちます。みなさん良い笑顔ですよ。本番前の記念写真って余裕かしら?





※このプログラムの表紙がその【遊音】の意味を物語っていて素敵です。リボンの箱の中はな〜に? 歌う楽しさを身体ごと実感させてくれるコンサートに参加出来て幸せでした。
 
2017(平成29)年ー

7/30 第二回ユニバーサルコンサート(荏原文化センター)−3

本番前の男声諸君。そうそうタイもまっすぐに直してね。着替前の人もいますね。ゆったり感ありでこちらもよい雰囲気。本番頑張って!
2017(平成29)年ー

7/30 第二回ユニバーサルコンサート(荏原文化センター)−4

プログラム1番に歌った♪【結】は平成28年度NHK全国学校音楽コンクール中学校の部・混声課題曲です。テンポの難しい曲ですが、「絆」の大切さ歌う中学生らしい歌を今、大人の若葉がチャレンジしました。歌詞に後押しされて歌うことが出来ました。
2017(平成29)年ー

7/30 第二回ユニバーサルコンサート(荏原文化センター)−5

プログラム終盤に歌った曲はミュージカル「アニー」より     ♪【Tomorrow】

赤毛でキュートな孤児のアニーが高らかに歌う希望の曲です。〜朝が来れば涙のあとも消えてきっと明日は良いことが〜と。

2017(平成29)年ー

7/30 第二回ユニバーサルコンサート(荏原文化センター)−6

終演しました。あい・友のスタッフの皆様、出演の皆様、若葉・少年少女合唱団の皆様お疲れ様でした。演目も多く充実したコンサートでしたね。祭囃子で手造り神輿も出て「わっしょいワッショ!」声援しながら楽しみました。さぁ〜打上げに参りましょう!
2017(平成29)年ー

10/8・9 合宿(湘南国際村)−1

今年は馴染みの国際村での合宿です。湘南の天気はいつも最高!
今日で帰る人、夜から参加する人、翌日から参加する人。
もろもろですが合宿に参加出来た人はお得です。きっと上手になる!・・・・はずです?
2017(平成29)年ー

10/8・9 合宿(湘南国際村)−2

今回は11/19の品川区合唱祭の曲と、出演が決まった10/29の大崎駅Think-Park Plaza 10周年記念イベントで歌う曲の練習を中心とした合宿となりました。記念イベント近し。真剣です。集中してます。
2017(平成29)年ー

10/8・9 合宿(湘南国際村)−3

オフタイムはお気楽に。ONーOFFは大切です。出し物で楽しんだ交流会。「イタリアと日本の友好は替え歌と日舞のパフォーマンスで」を披露したWチームのメンバーが楽しませくれました。
2017(平成29)年ー

10/8・9 合宿(湘南国際村)−4

二日間の合宿も無事に終わりました。成果はそれなりに有ったことを信じて後はやるだけですね。
参加された方々、役員さんの方々、お疲れ様でございました。
2017(平成29)年ー

10/29 幻の大崎Think-Park Plaza 10th Anniversaryコンサート -1

記念行事に品川少年少女合唱団と共に出演する予定が・・・あ〜なんと無情! 大きな秋雨前線がこの大崎の空に居座り続け前日から雨です。当日の朝に中止になりました。(夜のシンクパークプラザ)
2017(平成29)年ー

10/29 幻の大崎Think-Park Plaza 10th Anniversaryコンサート −2

このフットサルコートが舞台になる予定でした。舞台の後方はゲートシティ大崎などの高層ビル。間にJR大崎駅。前はシンクパークビル。 残念ですが天候には勝てませんね。せめて写真を!
2017(平成29)年ー

10/29 幻の大崎Think-Park Plaza 10th Anniversaryコンサート −3

Think-Parkの舞台には立てませんでしたが五反田文化センターに場所を変えて本番通りの模擬コンサートをしました。品川少年少女合唱団のご家族がお客様。練習は無駄ではありません。立派な舞台は無くても、外は寒い雨が降っていてもこの空間はホット。元気で明るい子たちに助けられ若葉の大人は雨の恨みも消え去りましたね。


2017(平成29)年ー

11/19 第119回 品川区合唱祭(きゅりあん大ホール)

本番前の7Fイベントホールで 

<Miwa/作詞作曲・佐藤賢太郎/編曲>♪「結ーゆい-」

♪「結」は平成28年度第83回NHK全国学校音楽コンクール中学校混声課題曲。【友との絆】をテーマとしたメッセージ曲。時が流れ、大人の若葉が私たちの「結」を歌いました。後押しされる曲です。

















<谷川俊太郎/作詞・信長貴富/作曲>♪「言葉は」

♪「言葉は」言葉は種、新芽、蕾、花、枝、根っこ、葉っぱ、果実、言葉は時が満ちて人と人を結ぶ。

講評:安藤陽一先生(合唱指揮者) 二部構成25団体参加
2017(平成29)ー

12/23 若葉&品川少年少女合唱団歌納会 -1(旗の台文化センター)

2017年歌い納め会です。子供たちがこの様な素敵な飾り付けをしてくれましたよ。若葉、子どもたち、そのご家族みんな一緒に、歌い、ゲーム、踊りをして楽しく過ごしました。西村先生の独唱に聞き入りました。ぶっつけ本番とは思えない子どもたちのお父さんお母さんのコーラスもよかったです。先生と高校生のピアノ連弾も素敵でした。

2017(平成29)年ー

12/23 若葉&品川少年少女合唱団歌納会 -2(旗の台文化センター)

みんなの歌に誘われて踊りだした幼児の愛らしさにみんな釘付けでしたよ。ウキウキさせる音楽っていいわね。歌う納会にふさわしく
子どもたちと歌の交換をしました。そういえば子どもたちは楽譜を持って歌ってませんでしたね。
若葉はしっかりと楽譜を見つめて・・・・は〜!!






2017年フィナーレです。

西村先生、大谷先生はじめ品川少年少女合唱団の子どもたち、そのご父兄の皆様、音楽室を貸してくださってます中延小学校様、一年間本当にありがとうございました。

今年もたくさんの曲と出会いました。まだまだという思いでチャレンジした一年でした。そして歌を通して新しい出会いもありました。

様々な都合で休部や退会した団員の方もいましたが新しく入会した方もいます。来年につないでいきましょう。新しい年にわくわく感を持って、期待を込めて・・・・よいお年を。       
 ◆2018年◆

  ♪今年も元気に心豊かに
  ♪音楽から新しい出会を
前のページへ戻る