傾聴バレンタイン

5月の定例会

 平成29年5月8日(月)に、品川区ボランティアセンター活動室において、定例会を行いました。

 初めに藤本代表から、傾聴バレンタインが品川区ボランティア団体として、また男女共同参画センターにおいての諸登録も完了したとの報告がありました。
 次に4月10日(月)の役員会およびボランティアセンター岡田室長との懇談会について、討議内容などを含めて実施報告がありました。
 これからの少子高齢化社会にあって、高齢者同士が支え合う仕組みの場に適ったほっとサロン「うさぎのおみみ」が、具体的成果を上げてきていることにも触れました。

 続いて、傾聴バレンタインの10周年記念事業に関する記念誌やイベントなどの具体案についても討議されました。

 参加メンバーによる、近況と活動報告がありました。
 介護施設に訪問しているメンバーから施設職員との連携、利用者との関係性について話しがありました。

 ほっとサロン「うさぎのおみみ」などで歌う曲の歌唱集が、中心メンバーの尽力によりできあがりました。早速この冊子を使用して、春から初夏にふさわしい曲を皆で合唱しました。歌いだすと爽やかな風がそよぎました。

前のページへ戻る