品川区明るい選挙推進協議会

後地小学校で出前選挙をおこなう

日 時:平成29年2月7日(火)5・6時限目
場 所:後地小学校 体育館
対象者:後地小学校5年生(40名)・6年生児童(39名)計79名

後地小学校の出前選挙は、後地小学校の校長先生、副校長先生、そして5年生6年生の各担任の先生方のご賛同とご協力を得て、79名の児童を対象に、「武蔵小山町会長選挙」ということで3名の候補者を選出し、行われました。
児童の皆さんが学習した選挙における投票の大切さを、実際の投票で学ぶ良い機会となったようでした。また、選挙で使用される投票用紙が簡単に破れない丈夫なものであることを、児童の皆さんと一緒に楽しく体験することができました。
最後に、めいすい君が登場すると大歓声が上がり、めいすい君を囲んでの記念撮影会も好評の裡に終了いたしました。
出前選挙後に先生方と話し合いを行いましたが、校長先生や担任の先生方からも好評で、昨年度出前選挙を経験した6年生の担任の先生からは、選挙に対する理解が深まったということで、児童の選挙に対する意識の向上につなげることができました。
◆3名の候補者のスローガン
・小山百合子:武蔵小山“大改革宣言” 
みんなが安全に、安心して暮らせる地域づくり!
お互い学び合い、働きやすい地域に!
環境を考えたスマートシティへ!
・ドナルド・武蔵:日本とアメリカの良さの融合
どこにも負けない武蔵小山商店街に!
企業をたくさん誘致し、品川区でNo.1の地域に!
武蔵小山住民だけの特典を作ります!
・後地晋三力:“三本の矢”で未来を強く切り開く!
希望を生み出す経済を実現します!
夢をつむぐ子育て支援をします!
安心につながる社会保障を整えます!
◆投票結果
    候補者名     5年生  6年生  合計
    後地晋三      6票  19票  25票
    ドナルド・武蔵  12票   5票  17票
当選  小山百合子    22票  12票  34票

 
   

投票管理者による投票開始宣言
受付での名簿対照、投票用紙交付
投票箱の空虚確認
記載台で投票用紙に記入
投票の様子
投票用紙の特殊性の実験
開票の様子
選挙長より開票結果の発表
めいすいくんから記念品を渡す
出前選挙に参加した明推協の皆さん
前のページへ戻る