しながわCSR推進協議会

平成28年10月 しながわCSR推進協議会 しながわ花海道の美化活動に参加

 平成28年10月30日(日)、勝島運河沿いの全長約2kmあるしながわ花海道(東大井2)で美化活動(菜の花の種まき)が行われ、しながわCSR推進協議会の社会貢献活動の一環として、会員企業の9企業と品川区、あわせて10事業所16人が参加しました。また地元企業として、しながわCSR推進協議会の会員企業である東京都競馬株式会社も参加しました。
 また、本活動には地元町会や区内にある立正大学(大崎4-2-16)の学生も参加し、しながわCSR推進協議会の会員企業とあわせて約300人が参加しました。

 当日は種まきにあたり、本美化活動を主催するNPO法人しながわ花海道の睥嗟事長があいさつされました。
 その後、実施方法の説明を受け、種まきを開始しました。
 まず9月まで一面に咲いていたコスモスを抜き、整地作業を行いました。そして、土と菜の花の種をビニール袋に入れてよく混ぜ合わせてから、整地した土の上にまんべんなくふりかけ軽く足で踏みつけました。種まき終了後、各企業が作業した区画に企業の名札を立てました。
 美化活動終了後、地元町会より、カレーの炊き出しが振る舞われ、地元町会・学生・企業の交流も行われました。
 なお菜の花の種は、早咲きと通常のものの2種類が用意され、早咲きの菜の花は毎年2月中旬、通常咲きの菜の花は桜の開花時期に見頃となります。

 「しながわ花海道」は、平成14年に「勝島運河の土手をお花畑にしよう」を合言葉に、立会川商店街と鮫洲商店街が中心になって「しながわ花海道プロジェクト」を設立。平成28年5月に「NPO法人しながわ花海道」として活動がスタートしました。運河の土手にある1.5メートル四方の区画およそ1,200区画に個人や学校、企業などが種をまき、四季折々の花が、道行く人の目を楽しませています。

 今後も、各企業の企業理念・特性、CSR方針等を踏まえ、様々な分野において情報交換、連携協力を推進し、防災・環境・教育などの地域課題に取り組むなど、協議会の活動を進めていきます。

【今回参加頂いた会員企業】(敬称略 50音順)
1.アワーズイン阪急(株式会社大井開発)
2.三和テッキ株式会社
3.ソニー株式会社
4.大成温調株式会社
5.大日本印刷株式会社
6.東京都競馬株式会社
7.株式会社トリドールホールディングス
8.日産東京販売ホールディングス株式会社
9.株式会社文化堂
10.美鈴工業株式会社

 
   

まずは菜の花の種をまくため、9月まで咲いていたコスモスを抜く作業です。
事業所によっては、おそろいのユニフォームで参加いただきました。
事業所によっては、おそろいのユニフォームで参加いただきました。
ご家族の方にも、参加いただきました。
コスモスを抜いた後、スコップで整地しました。
細かい雑草を手で抜きました。
土と菜の花の種とビニール袋に入れてよく混ぜ合わせて、整地した土の上にかけて、足で踏み固めます。
菜の花の種は、早咲きと通常咲きの2種類があり、区画の下段に早咲き、上段に通常咲きを植えました。
作業終了後、参加したしながわCSR推進協議会の会員で集合写真を撮りました。
「アワーズイン阪急(株式会社大井開発)」の花壇
「三和テッキ株式会社」の花壇
「ソニー株式会社」の花壇
「大成温調株式会社」の花壇
「大日本印刷株式会社」の花壇
「株式会社トリドールホールディングス」の花壇
「日産東京販売ホールディングス株式会社」の花壇
「株式会社文化堂」の花壇
「美鈴工業株式会社」の花壇
前のページへ戻る