傾聴バレンタイン

7月の定例会

7月11日(月)定例会を行いました。

 藤本副代表より、「心の健康寿命について」の講演会に参加し、元気で長生きを目指し健康寿命を延ばすためには、自分から主体的に行動することが大事であるとの話がありました。ボランティア活動も自主的な社会貢献活動であり、活動に参加する人達の健康寿命を延ばすことに役立つ、素晴らしい活動です。

活動施設との話し合い
 メンバーの活動施設「おもてなし」を、藤本副代表が訪問し、施設の責任者と傾聴ボランティア活動について、意見交換をしました。

10周年記念冊子
 傾聴バレンタインが活動をはじめて10年になるのを記念し、活動をまとめた冊子を発行することになりました。藤本副代表が、冊子発行の企画や10年の活動の歩みをまとめた概略を発表しました。
 会を支えていただいた皆様、メンバーからの寄稿をお願いします。

「ほっとサロン うさぎのおみみ」
 参加者も増加傾向にあり、今後は計画的に企画をあげていくことになりました。

勉強会
 傾聴ボランティア活動の基本を「○×クイズ」で再確認しました。
傾聴は、普段の会話と異なり、「相手が話の主人公」のコミュニケーションです。時々、傾聴の基本に立ち返ることが大切です。改めて、傾聴ボランテイア活動の原点を、クイズで確認し合いました。

海の歌を歌いました。 
 上島さんのハーモニカ伴奏で、「浜辺の歌」「椰子の実」「海」などを歌いました。

 
   

前のページへ戻る