ガイドしながわ

平成28年2月度活動報告

1) 2月の主なガイド活動

1)阪急系列旅行会社トラピクスは、「旅人企画」の協力を得て、東海道53次走破のお客を募り人気を博していますが、2月、3月も多数計画が予定されており、前回と同じく「ガイドしながわ」は、品川寺の立案内に参加しました。2月は下記のとおり

 2月7日(日曜日)青木さん、小出さんが担当 参加者250名
2月20日(土曜日)渡辺さん、青木さんが担当 参加者375名
2月21日(日曜日)及川さん、阿部さんが担当 参加者250名
2月28日(日曜日)山田さん、野田さんが担当 参加者350名

2)2月10日(水曜日)磯和さん、庄司さん、須山さんが「所沢市民大学OB会」太田様以下12名の方を東海七福神に案内しました。

3)2月23日(火曜日)野田さんが、「なかよしグループ」西田様以下3名の方を品川三宿コースに案内しました。

2) 勉強会

  2月29日(月曜日)吉岡、青木、須山、阿部、渡辺さんが、城南五山巡り第三弾「花房山」巡りに備え最後の実踏を行いました。
    
3) 観光案内所での案内

  2月は、北品川観光案内所で延日数9日、延人数18名で、訪問客の案内を実施しました。

4) 定例会

  2月26日(金曜日)定例会を中小企業会館で実施。

 _馗恒平垢気鵑茲蝓◆岼貳娘卉痛/諭〃鮃・生きがい開発財団」の東京都連絡協議会設立準備世話人代表に就任するため、「ガイドしながわ」を退会したい旨申し出でがあり了承されました。
◆〔楾川舟巡りを運航している「ZEAL」より花見の季節、3月26日より4月5日まで11日間、一日延べ4隻の船を運航、船より目黒川沿線のガイドに協力してもらいたい旨の要請があり。その担当割りを決めました。3月4日にZEALによる説明会が開催されます。

 
   

上段の写真は品川寺の宝「洋行帰りの鐘」約400年前に制作され
1867年のパリ万博に展示されたが行方不明になり1930年無事品川寺に帰ってきたもの。

多数の参加者に品川寺の由来、史跡、行事等説明する野田さん
同じく説明する山田さん
同じく説明する阿部さん
同じく説明する及川さん
御殿山下台場跡の品川灯台レプリカの前で案内する野田さん
品川寺の宝「江戸六地蔵」
前のページへ戻る