品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)

品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ   SJPO H27年度第10回練習

H27第10回練習[分奏/合奏:[前期仕上げの合奏]

★日時:2015年9月13日(日)10:00-12:00
★場所:品川区立立会小学校

■9月13日(土)に、SJPOのH27年度前期の最後となる練習が立会小音楽室で行われました

スケジュールは下記の通りです。
 10:00-10:05 諸連絡
 10:10-10:50 分奏
  ・弦分奏(長田先生)
  ・木管分奏(篠原先生)
  ・金打分奏(中谷さん)

■弦分奏では夏のワークショップで音楽の流れなどを掴んだ子どもたちに、改めて丁寧に音楽づくりをしました。長田先生の指示に対して技術的などでは、適宜サポーターがフォローすることで、スムーズで効果的な練習となっています。

 
   

■木管セクションはトレーナーの篠原先生による分奏でした。2曲とも木管にとっては難曲なのですが、練習の甲斐あってだいぶ細かい音符も吹けるようになってきたので、さらに音楽的に演奏するためのコツなどもご指導いただきました。
■金管セクションと打楽器は、サポーターの中谷さんによる金打分奏でした。前半はスケールのハーモニー、タンギングやリズム練習などの基礎練習を行い、後半はファランドールを合わせました。
特にファランドールはfffやffffなどのフレーズを、力まず大らかに綺麗に響かせることを意識して、かつ最後のアッチェルに向けてのリズムをセクションで合わせるコツを練習しました。
■休憩をはさんだ後半は、長田先生の合奏でした。
SJPOは前期が4月−9月、後期が10月−翌年3月となっているので、この日がH27年度前期の最後の練習となるので、半年かけて取り組んできたファランドールとハンガリー舞曲第一番は一区切りとなります。
■学校行事などの関係で、欠席者も多かったのが残念でしたが、前期、そしてワークショップと積み重ねてきた練習の成果は出せた合奏だったと思います。
後期からは、今までの曲に加えて小編成のアンサンブル曲などにも取り組む予定で、来年4月の定期演奏会に向けて、さらなるレベルアップを目指していかれるように、スタッフもフォローしていきたいと思います。
前のページへ戻る