品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)

品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラSJPO   「少年少女のためのオーケストラ体験講座」第5日目

H27夏のワークショップ「オーケストラ体験講座」第五日目

★日時:2015年8月9日(日)13:30-16:00
★場所:五反田文化センター第一スタジオ

■8月9日(日)に五反田文化センターにて、品川区主催、品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ委託運営の区民プロデュース型講座「第三回少年少女のためのオーケストラ体験講座」の第五日目が開催されました。

■第五日目 スケジュール
 13:30-13:40 諸連絡
 13:40-14:10 分奏(ビゼー/ブラームス)
 14:15-15:00 ゲネプロ・オーケストラ講座[演奏会の心構え]
 15:00-15:15 休憩/演奏会受付
 15:15-15:40 演奏会[ブラームス→ビゼー]
 15:40-15:50 閉講式/修了証書授与式
 15:50-16:00 記念撮影


 
   

■二週間にわたり5日間の集中練習を重ねてきて親子オーケストラ講座も最終日を迎えました。子供たちもすっかり打ち解けて早く来て、練習して自主合わせをしたりするなど、本当に全力で取り組む姿勢がみられています。
■なお、今回の課題曲はパーカッションが大活躍することもあり、打楽器人気が高く、触ってみたい子供たちに囲まれていました。
■今回のワークショップでコンマスを務めた二人は大の仲良しで、どちらかが弾き始めると、もう一人がすぐに合わせに入るという抜群のチームワークを誇っていました。
■2ndバイオリンも早く来る子たちが多かったです。特に低学年の子たちが多いパートなのですが、本当に一生懸命さらってきて、毎回うまくなってきているのが分かるほど、すごい成長力を見せつけられました。
■最後の合奏が始まりました。この合奏はG.P.(ゲネプロ=ゲネラルプローベ)でもあり、入退場からチューニング、さらにはカーテンコールに至るまでのステージマナーも合わせて学びました。
■最終日なのですべてを吸収して成果を発揮しようと皆必死で取り組みました。
■最後の採火発表コンサートのコンマスはO君。ステージ入場に始まり、チューニングや様々な立すわりの合図など責任重大で、演奏よりもどきどきもので一生懸命覚えていました。
■G.P.も終えて、あとは演奏会を残すのみ。みな最後にやれることをやれるだけやろうと、ぎりぎりまで練習に余念がありません。
また適宜アドバイスをくれるサポーターの存在も本当に大きかったワークショップでした。
■休憩も惜しんで最後まで練習に打ち込みます。
■成果発表コンサートは大成功で終わりました。終わった後に拍手を受ける子どもたちの満足感に溢れた得意げな顔が何より印象的でした。
■演奏会終了後、閉講式が行われ、参加者全員に、指揮者やゲストトレーナーのサイン付きのオーケストラ講座修了書が、長田先生より授与されました。
■修了証書を受け取る子供たちの表情が満足気で笑顔にあふれていたのが印象的でした。
■高校生くらいになると多少照れくさくもあるのですが、それでも喜んで受け取っていました。
■最後に全員で記念撮影を行いました。
最初は長田先生と、ジュニアメンバー、トレーナーの先生方です。
■続いてサポーターの方々も加わっての記念撮影。
人数も多く、フレームに収めるのも一苦労でした
■毎日終了後に、トレーナー・サポーターで、その日の反省事項/気付いた点などの申し送りの確認をしていましたが、最終日も次回のワークショップ、そしてSJPOをより良いものにするために、今後の運営方法や練習方法など、貴重なご意見や提案をたくさんいただくことができました。
■今回のワークショップの成功は、ひとえに長田先生やトレーナーの先生方を始め、技術的にも精神的にも細かいところまでサポートしてくださったサポーターの皆様のおかげです。スタッフ一同心より感謝申し上げます。

また今後ともSJPOにお力添えいただけますよう、お願いいたします。
私どもも、ご支援いただくにふさわしいジュニアオーケストラを目指して進化し続けるように精一杯頑張ります。
前のページへ戻る