傾聴バレンタイン

「ほっとサロンうさぎのおみみ」をたちあげました。

2010年12月15日、初めてほっとサロンを開きました。
ボランティアメンバーは13:30集合、当サロン担当の方から、使用できる設備や注意事項、使用手続等の説明を受け、机(6卓)椅子(12個)で3グループ(折り紙・お手玉・お話)にレイアウト、室内の掲示ボードを折り紙で装飾したり、玄関脇ボードには「うさぎのおみみ」開催中の案内を表示して、お茶とコーヒーを準備、用意した季節のCDでバックミュージックもバッチリ!!お客様を迎える準備はできました。
でも・・・地域の方に知られていないため、なかなか利用される方の姿は見えません。
最初は、メンバーだけでも価値ある対話をしていこうと考えていましたところ、思いがけずセンター利用者の方がお二人、寄っていかれました。
第1回を終え、皆さんと話し合った結果、地域の方に私たちの活動を知っていただくことも必要ということで、今年になって地域の民生委員さんを訪問しアピールさせていただきました。
第2回目には、高齢者福祉課の紹介でこられた方や、これからサロンを開きたいと考えておられる方等がお出でになり、ほんの少し形ができてきたような気がします。
地道ではありますが、地域の方の憩いの場として気持ちよく利用していただけるよう、回を重ねて行きたいと考えています。

 
   

第1回目に参加の傾聴ボランティアメンバーです
折り紙・お手玉・お話のグループにレイアウト
準備も楽しみながら・・・
24年6月 七夕の折り紙に挑戦!
個性豊かな「織姫と牽牛」ができました。
前のページへ戻る