しながわCSR推進協議会

平成26年11月【しながわ職場歩き】に協力・参加

 未来協育推進機構が主催する「しながわ職場歩き」事業は、中学生が社会人との対話を通して、自らのあり方を自覚してもらうとともに、具体的な職業観を養ってもらい、将来の進路選択の際に主体的に考え、行動してもらうことを目的としています。

 今年度は、11月6日(木)小中一貫校品川学園(北品川3-9-30)の8年生を対象に実施され、会員企業16社を含む区内24の企業と事業所が参加、品川区役所も、しながわCSR推進協議会の一員として社会貢献活動を積極的に推進していることから、同校の8年生5人を受け入れました。
 
 午後1時に、区役所を訪れた生徒たちは、事務・保育士・土木・福祉など、様々な職種の5人の職員達の出迎えを受け、その後、区役所内の防災シアターで3D映画の視聴や水消火器での初期消火訓練を行い、区議会の議場、庁舎地下にある免震装置などを見学しました。

 見学後、職員それぞれの仕事についての説明を聞き、最後のディスカッションでは、「今の仕事は自分のやりたい仕事ですか」、「どうして異動しなくてはいけないのか」など、働くことに対しての率直な疑問を次々と質問。組織として働くことの重要性などについての説明を、熱心にメモをとりながら聞いていました。

 参加する前は、「区役所は椅子に座って仕事をしているイメージだった」という生徒たちも、職場訪問終了後には「防災シアターなど若い人でも興味が持てるよう工夫がされてることが分かった」「人のためになる仕事に就きたいと改めて感じた」などと感想を話しました。

 
   

前のページへ戻る