共働き家庭を応援する親の会「TOMO」

2014/3/1 子どもと共に成長できる子育て法〜働くママ同士でざっくばらんに話そう

品川区子育て支援課の事業委託団体として、座談会第二弾を実施しました。働くママや働きたいママが仕事も家庭生活も充実したものにするヒントを得たり、働くママ同士が交流の場を持てるようにと思い企画したサロンでしたが、大盛況のうちに終了しました。

★★日時★★
3/1(土) 10:00-11:30 @大崎第二区民集会所 第三集会

★★参加者★★
14名(TOMOの会メンバー3名含む)

★★内容★★
Waris共同代表の田中美和様より、まず、ライフステージにあわせた色々な「働き方」(たとえば、業務委託&フリーランスなど)があるというお話しをしていただきました。また、「キャリアの主導権を自分が握る」、「学び続けることが重要」「ひとりよがりにならない」という点が重要であるとおっしゃっていましたが、これは子育てにもとても良い影響を与えるものだと皆さん実感されたのではないでしょうか。

仕事やキャリアアップに関して、不安や疑問、他の働くママの取組み事例などについてもざっくばらんに参加者同士で話をしました。例えば、初めての育休からの復帰後、今までのように夜遅くまで働けなくなるが、今後の自分のキャリアをどう積んでいくかなど、各自が抱えるちょっとした不安などについて、参加者同士で解決策を出し合うことで、不安が消えた方も多かったようです。

座談会の後半は、家事の時短術、子育てや子どもの教育についてざっくばらんに話しをしました。夫婦共働き家庭は専業主婦家庭と違って、子どもと接する時間が短くなってしまうが、短い時間でも工夫すれば日々の生活で子どもと色々と遊んだり学んだりできる、子どもとの濃い時間が作れるなど皆で意見を出し合いました。

★★参加者の声★★
*一回で終わらせてしまうのはもったいない。せっかく同じように頑張る働くママに出会えたので、お茶でもしながらまたお話したい
*他の働くママの実体験や工夫している点を聞いて、ずぐに自分もやってみようと思えることがたくさんあって良かった
*参加者から自分が聞きたいと思っていたこと以上の話しが聞けてよかった
*いろいろな方の意見が聞けて、仕事や子育てのモチベーションが上がった
*いろいろな方の意見が聞けて、自分の今後に生かせるものがたくさんあった

 
   

前のページへ戻る