しながわ すまいるネット運営委員会

縁側の会

目的:
「無縁社会」と言われる今日ですが、東日本大震災以後「コミュニティが大切」とよく耳にするようになりました。「人の顔の見える町」を実感し人と人との紐帯を取り戻したいと願い、「住民交流会―井戸端会議―」を始めました。
参加者:
品川区在住・在勤・在学者に加えて、区外在住、年齢・性別・障がい・国籍などを問わない風通しの良い会を目指しています。「世話する人」と「世話される人」の区別がない全員「参加者」の集まりです。
活動内容:
プログラムー]誕蠶鷆 ↓▲謄―ブレーク、3Г馬辰修1)地域で思うこと、2)3・11東日本大震災・原発事故後に思うこと、3)その他各自の関心事―に沿って司会者が会を進行します。
活動実績:
平成23年(2011年)3月26日から平成25年(2013年)5月12日現在まで、品川区大崎第二地域センターで井戸端会議を12回開催。発起人宅で開催した番外編井戸端会議「ワンディッシュパーティー」(’13/3/24)を含めると、計13回開催。5/12現在で参加総数は38名(番外編含め39名)、参加延数は147名(番外編含め160名)。
毎回品川区内外の在住・在勤・在学者が、10名前後参加しています。区職員も1名時に数名参加してくださり、住民と区職員の交流の場ともなっています。
メッセージ:
 新参加者が「居心地良い」と思い、「毎回参加しないと悪い」との気遣いが無用な会を目指しています。気楽に参加してください。
参加者のお一人が、「参加者がだんだん好きになっていく、そんな会です」と感想を寄せてくださいました。浅からず深からず交流しましょう。
ちらし:
井戸端会議開催の案内と会の報告を記載しています。これまで配布した井戸端会議の「ちらし」をPDFファイルで掲載しますので、ご一読ください。
発起人 對馬節子E-mail:tsushima@cts.ne.jp、携帯電話:090-2403-3553、Fax:03-3494-1360

前のページへ戻る