しながわCSR推進協議会

平成25年2月「社会貢献活動しながわ」に出展

 2013年2月23日(土)に大井町駅前のきゅりあんで「社会貢献活動しながわ」が開催され、しながわCSR推進協議会からは、加入企業4社と事務局が出展しました。
 このイベントは、地域に根ざした社会貢献活動や協働事業を応援することを目的として、「協働」をテーマに、NPOや地域団体、大学、企業などの団体や組織が一同に集まり、それぞれが自分たちの活動を紹介・発表・交流しながら、住みよいまちづくりに貢献しようとするもので、今年で5回目となります。今年のテーマは「参加しよう!いろいろな協働!」です。
 しながわCSR推進協議会から、株式会社明電舎、東京サラヤ株式会社、東芝エレベータ株式会社、コベルコ建機株式会社、協議会事務局(品川区総務課)が出展しました。
 当日は、村山実行委員長の開会挨拶後、濱野健品川区長(しながわCSR推進協議会会長)が挨拶されました。その後、濱野区長は各ブースを回り関係者と熱心に懇談されていました。
 今回は、町会・自治会、NPO法人、ボランティア団体、商店街、大学、企業など72団体という多くの団体が参加するとともに、区民の方々や関係者が会場を訪れ、個人や各団体同士が盛んに名刺交換を行うなど、情報交換・情報発信を活発に行っていました。(敬称略) 

開会式から多くの区民や関係者が参加していました。
清泉女子大学のボランティアグループのブースを濱野区長も訪れ、大学生たちと交流していました。
東京サラヤ株式会社のブースでは石鹸液による手洗いの普及や小学生への環境教育等を紹介していました。
東芝エレベータ株式会社のブースです。「品川区保育園の子供たちにエレベータ・エスカレーターの正しい乗り方教室」とともに東芝グループのCSR活動も紹介していました。
コベルコ建機株式会社のブースも賑わっていました。東京本社のある大崎周辺の花壇の手入れ活動、地域の住民や企業の交流イベント「しながわ夢さん橋」への参加の様子などをパネルで紹介していました。
株式会社明電舎のブースです。小学校5・6年生を対象にしたものづくり教室で作成するモーターを使ったボール型の回転メカ「スクローラー」がこどもたちに人気でした。
しながわCSR推進協議会も出展し、協議会の活動をPRしました。
社会貢献アワード2013にノミネートされました東芝エレベータ株式会社の「品川区保育園の子供たちにエレベータ・エスカレーターの正しい乗り方教室の開催」の発表です。
社会貢献アワード2013の「「なるほど」発見 目からうろこ賞」を東芝エレベータ株式会社が企業としては初の受賞をしました。おめでとうございます!
前のページへ戻る