しながわCSR推進協議会

平成25年2月CSR講演会と活動事例発表会を開催

平成25年2月5日(火)、きゅりあん(東大井5-18-1)で、CSR講演会と活動事例発表会を開催しました。

これは、区民(企業)と区との協働で「私たちのまち」品川区をつくるという理念に基づき、区と企業との連携を推進し社会貢献活動等を推進することを目的に発足した、「しながわCSR推進協議会」および東京商工会議所品川支部との共催により、区が実施したものです。

講演では、株式会社国際社会経済研究所 代表取締役社長 兼 NEC株式会社 CSR・環境推進本部主席主幹の鈴木均氏が、「CSRと社会貢献〜CSR時代の戦略的社会貢献活動〜」と題し講演。

CSRの背景、CSRと社会貢献活動の関係性やNPOとの協働など、NECの具体的な社会貢献活動事例を交えながら、「企業の社会貢献はCSR活動の一環として、より戦略性を重視した取り組みが広がっている。視点の一つは、社会的課題解決に貢献するということ。企業自身に、どういった価値が社会に提供できるかということを、考慮していく必要がある。効果を高めるためには行政やNPOなどと連携し、様々な主体がいろんな知恵や資源を出しあい助け合って行くことが大事」と、企業の社会貢献活動の必要性やあり方について熱く語りました。


講演会に引き続き行われた活動事例発表会では、協議会会員企業の東芝エレベータ株式会社が区立保育園で実施している「エレベーター・エスカレーターの正しいのりかた教室」について講演。正しい乗り方体操などのビデオを交えながら紹介しました。
続いて、東京サラヤ株式会社が区立小学校で実施している「環境教育」などについて活動内容を紹介しました。
前のページへ戻る