しながわ すまいるネット運営委員会

泳法会品川

日本泳法というとなじみのない方もおられると思いますが、クロールなどの近代泳法が取り入れられるまで日本では古来から各地で泳がれてきた実践的なものです。その基本となる「扇足(あおりあし)」は、一動作で最も強い力の得られる足の動きで、今でも漁師が海中に潜るときなど自然と使われています。
これは日本に限ったことではなく、「扇足(あおりあし)」を基本とする日本泳法が自然の水と向き合った時に無理のない、理にかなった泳ぎであることを表しています。
泳法会品川の練習では一般的なクロールや平泳ぎなども取り入れて、分かりやすく日本泳法をお教え致します。日本泳法の魅力にふれ、水泳の新しい世界を発見して頂けたら嬉しいと思います。

前のページへ戻る