しながわ すまいるネット運営委員会

年輪の会(品川区精神障害者当事者会)

 一般の健常者は、精神障害は自分とは関係のない疾患と捉えがちで有りますが、ストレスが非常に多い現代社会に於いては、自分がいつ何時、精神疾患に罹りうると考えた方が良いと思います。つまり精神疾患は決して他人事では無い特別で無い疾患なのです。厚生労働省に拠って、5大疾病の一つに精神疾患が入れられた背景には、一生に一度でも何らかの精神疾患にかかる人は、国民の5人に1人である統計からです。精神疾患にかかると働く事が出来なくなり、失職し、生きる意欲を削がれ、経済的に貧困に追い詰められ、自殺念慮が出て来る為、例えば癌の様な重要な疾患と同じで有る事が解ると思います。
 
 当会は、創立39周年に成る、品川区の精神障害者当事者会で有り、精神障害になった方へのピアサポ−ト(当事者相互援助)ピアカウンセリング(主に電話による)を行って居ります。(ピアとは仲間の意味で、この場合精神障害者当事者を意味します)
月1回、原則として第一日曜日午後1時より、荏原第一集会所(品川区小山3-22-3)で「定例会」を行って居ります。(定例会の後、有志でカラオケ会、茶話会も会員相互の親睦の為に行って居ります)
 約2カ月毎に「レクレーション」(花見、ハイキング等)を行って居ます。ともすれば、引きこもりがちな当事者を野外に連れ出し、ストレス発散の目的で行います。
又、年1回(6月頃)に「講演会」を開催し、専門の精神科医をお呼びして、当事者にとって有意義な講演と質疑応答を行って居ります。
 会員に対しては、毎月、お知らせと報告の会報と年1回では有りますが、「年輪の会文集」をお送り致して居ります。
 当事者会ですので、当然ながら当事者がイニシアチブを取り運営しますが、然し会の運営は経済的に厳しい為に、賛助会員の方のご指導・ご鞭撻も非常に重要です。
 尚、当会は品川区に在住で無い方も、入会出来ます。又、精神障害の種類を問いません。
関連URL:http://blog.so-net.ne.jp/nenrinnokai
問い合わせ先 TEL/FAX 03-5875-0433
事務局:〒142-0062
東京都品川区小山5-16-16 佐藤方

 
   

前のページへ戻る