しながわ地域防災ワークショップ実行委員会

第二回しながわ地域防災シンポジウム

≪参加企業≫
東京サラヤ蝓城南信用金庫品川支店・螢丱鵐瀬ぅ淵爛灰押璽爛后Ν螢灰淵潺好檗璽帖ライフ・蠧立ソリューションズ・楽天蝓NPO法人ふれあいの家〜おばちゃんち〜
____________________________________

【第二回ワークショップの内容】グループごとに日程を変えて開催しました。
 一部:防災カードゲーム クロスロード
 二部:理想の街の姿に向けたアクションプランを考える

【一部】
 災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材です。ゲームの参加者は、カードに書かれた事例を自らの問題として考え、YESかNOかで自分の考えを示すとともに、参加者同士が意見交換を行いながら、ゲームを進めていく。 
※このゲームは、大地震の被害軽減を目的に文部科学省が進める「大都市大震災軽減化特別プロジェクト」の一環として開発されたものです。

■■■問題例■■■
貴方は避難所運営責任者です。震災直後、近所の会社が半壊したため100人を超えるオフィスワーカーが押し寄せてきました。町会の人を収容するだけでも一杯の避難所に貴方は彼らを留め置く判断をしますか?・・・

【二部】
 「理想の街の姿に向けたアクションプランを考える」では、グループディスカッションを行いました。まず理想の街の姿(下画像参照)を皆で考え、そこに向けて具体的に何をやったら良いかアイディアを出し合いました。

■■■アイディア(一部)■■■
・企業、地域、行政の三者がコミュニケーションが出来る場作り
・地域、企業が主催するイベントや活動に各々積極的に参加する
 (パトロール活動、清掃活動…)
・地域防災ニュースを発行し、三者の情報を常に共有する・・・などなど

全てのアイディアをまとめると8つです。


・コミュニケーション回数を増やす
・自分、自社で出来る事の徹底
・役割分担を明確にする
・皆で協力できるメニューや施策の策定
・情報共有、周知仕組み作り
・道具やツールの準備
・イベントや訓練の開催と積極的な参加
・お金


第三回ワークショップにつづく・・・

 
   

7月5日
チーム ポパイ
≪参加者≫
螢丱鵐瀬ぅ淵爛灰押璽爛
蠧立ソリューションズ
品川区小学校PTA連合会顧問 井上さん
いさりび青物横丁店 佐藤店長
スパゲティー オリーブ 堀江さん
NPO法人ふれあいの家〜おばちゃんち
品川区
7月6日
チーム I LOVE しながわ
≪参加者≫
螢灰淵潺好檗璽張ラブ
(財)六行会
北品川本通商店会 大越さん
中華老麺 中村さん
品川第二地域センター
品川区

7月12日
チーム 白ひげ
≪参加者≫
東京サラヤ
城南信用金庫品川支店
楽天
品川消防署
青物横丁商店街振興組合 田中さん
品川区
防災カードゲーム"クロスロード"
理想の街の姿に向けて何が必要か、何が重要か、付箋で書き出します。
前のページへ戻る