ガイドしながわ

平成24年1月度活動報告

1) 主なガイド活動

1−1)井上さん、永森さん、北野さん、小出さん、磯和さんは、1月11日(水曜日)に、「栃木県シルバー大学南校ウオーキングクラブOB会」島田様以下20名を、品川神社を起点に盤井神社までの東海七福神を御案内しました。

1−2)1月15日(日曜日)当初予定していた北野さんが風のため体調不良になり、小出さんが急遽「はやかわファンクラブ」川原様以下11名を「荏原七福神」を御案内しました。お客様は、地元荏原地区在住の方が多く、多数の質問が出たようですが事前勉強が役に立ち疑問が解決したとお客様に喜ばれました。小山神社からのスカイツリーと東京タワーのツーショットは大変素晴らしかったとのことです。

1−3)阿部さんは、1月20日(金曜日)「友&遊会」小川様以下8名を東海七福神にご案内しました。

2) 観光案内所案内

1月は、北品川観光案内書に延日数9日、延人数20名で、訪問客の案内を実施。
月前半は、東海七福神巡りのお客が多く多忙な日が続きました。大井町の観光協会「しなかんプラザ」には毎土曜日延人数4名が案内。

3) 定例会議及び新年会

1月27日(金曜日)定例会を中小企業会館で実施。2月のガイド案内担当者及び北品川観光案内所、しなかんプラザの当番を決めました。会議終了後、品川駅前の「秋田館」で新年会を開催会員相互の交流を深めました。

4) ネットでの史跡案内―第二回「東海七福神」−

東海七福神は、昭和7年(1932)に品川の東京市への編入を記念して制定されました。
写真でもわかるとおり旧東海道沿いの分かりやすいコースです。七福神を祀ってある7の神社仏閣と、ガイド風景の写真を添付します。(各神社仏閣の細かな説明は別の機会にいたします。)
品川区には、東海七福神以外に平成3年1991)に制定された「荏原七福神」があります。

 
   

シルバー大学南校ウオーキングクラブ御一行様は、バスで遠路栃木県より30分遅れ11時に品川神社に到着
品川神社にて島田会長よりガイド諸子の紹介
一心寺で説明中の永森さん
養願寺で説明中の北野さん
品川神社で説明中の小出さん
(前列右端の女性)
品川神社(大黒天)
北品川宿の鎮守
養願寺(布袋)
虚空蔵菩薩でも有名
一心寺(寿老人)
成田さん分身の不動明王も祀る
荏原神社(恵比寿)
南品川宿の鎮守
品川寺(ほんせんじ)
(毘沙門天)
左は江戸六地蔵
天祖諏訪神社(福禄寿)
盤井神社(弁財天)
前のページへ戻る