ホーム > イベント(健康なび) > 健康情報
件名 健康情報
主催 NPO法人埼玉県健康管理士会 
イメージ画像  
開催日 2023年1月1日から2023年1月31日まで 
開催時刻  
締切日  
会場  
地図・案内図
 
定員  
対象者  
申込方法  
費用  
内容詳細 NPO法人埼玉県健康管理士会 認定講師  田村欣也  「お風呂の効用」

 この話は「湯船につかる」ことが大前提です。

 ◎温熱作用―体が温まると血管が広がって血液の流れが良くなるので、肝臓
       や腎臓などが温まり新陳代謝を進む。

    ・冷えによる関節の痛みが和らぐ
    ・毛穴が開いて汚れが落ちやすく、皮脂の分泌が高まって肌の潤いが
     保たれる。

 ◎静水圧作用―水圧により締め付けられることで、下半身に溜まっていた
        血液や体液が心臓に戻される。

    ・血流が改善され、身体全体の水分のバランスが整いむくみの解消に
     繋がる。

 ◎浮力作用―重力による身体への負担が減り、筋肉が弛緩する。

    ・筋肉に圧迫されていた血管が広がり、血流が良くなる
    ・関節への負担が減る。

 ◎睡眠への効果―温めの入浴で深部体温は上がるが、入浴後1〜1.5時間
         たつと深部体温は入浴前より下がるので、その頃床に
         就くと寝つきやすくなる。

 ◎適切な湯の温度と入浴時間―38〜40度で10〜15分程度。

    ・温めの風呂の方が体温の上昇はゆっくり。身体がぽかぽかして冷め
     にくい。

 ●入浴のこのような「効用」を享受するためには注意も必要。

    ・飲酒後や食後すぐの入浴はひかえる

    ・冬は脱衣所や浴室を暖房器具などで温めてから入る―寒い脱衣所で
     体が冷え、熱い湯につかると血圧が急上昇し、身体が温まると
     下がるなど血圧が急激に変化する。
     このため、意識低下や脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などを発症する
     恐れがある(ヒートショック)。

    ・湯船から出る時―片足立ちになるので、転びびやすく、身体に
     かかっていた水圧が無くなるので軽い貧血状態になり
     立ち眩みすることも。

    ・お風呂に入る前に必ず家の人に「風呂に入る。」と声をかける。
     家族が風呂に入っているのを知らなかったら何かあった時に
     助けようがないから。


 





               
問い合わせ先  
関連URL  
この情報は、「NPO法人埼玉県健康管理士会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ