ホーム > 食育の基礎知識 > 野菜を食べよう!1日350g!

食育の基礎知識

 

野菜を食べよう!1日350g!

1日に必要な野菜の量は350gです。
知っていましたか? 食べることを心がけていますか?

『知っていたし、350g食べることを心がけている』・・・19.7%
『知っていたが、350g食べることを心がけてはいない』・・・31.7%
『知らなかったが、野菜を多く食べることを心がけている』・・・30.5%
『知らなかったし、野菜を多く食べることを心がけてはいない』・・・18.1%

出典:令和元年度 第3回 さいたま市インターネット市民意識調査【調査報告書】


国の健康日本21(第二次)では、カリウム、ビタミンC、食物繊維等の適量摂取が期待される野菜摂取量として、成人1人1日当たりの平均値350gを目標値としています。

日本人は、1日平均約280gの野菜を食べています。
あと約70g足りません。

☆ 生野菜70gの目安 ☆
トマト 1/2個、 きゅうり 2/3本、 キャベツ 2枚、 ピーマン 2個、 なす 1本、
玉ねぎ 1/3個、 にんじん 1/2本、 大根 2〜3cm、 アスパラガス 3〜4本


☆ 加熱した野菜70gの目安 ☆
野菜たっぷりのみそ汁・スープ ・・・お椀1杯
煮物・お浸し・炒め物     ・・・小鉢や小皿1皿

加熱するとかさが減り、食べやすくなります。野菜そのものの味や食感も変化するので、食事が豊かにもなります。


★ 朝食で野菜をプラス! ★
○主食(ごはん、パン、めん類など)、野菜、主菜(卵、納豆、肉、魚など)を組み合わせる。
○洗うだけで食べられる野菜を常備する。ミニトマト、レタスなど。
○冷凍野菜を電子レンジで加熱して、温野菜サラダにする。
○乾燥野菜(ねぎなど)を納豆や卵焼きに混ぜる。
○前日に、野菜たっぷりのみそ汁やスープを用意しておく。
○コンビニや早朝営業の飲食店で、サラダや野菜たっぷりの商品・メニューを選ぶ。


★ 昼食で野菜をプラス! ★
○外食では、野菜たっぷりのメニューを選ぶ、野菜の小鉢をつける、野菜をトッピング。
○お弁当などを購入するときは、サラダや野菜たっぷりの商品を選ぶ。野菜100%ジュースをつける。
○キャベツの千切り、付け合わせのパセリなどを残さない。
○お弁当箱に、主食:野菜:主菜 = 3:2:1 の比率で詰める。


だれかといっしょに食事や料理をする、地元の野菜を購入する、自分で野菜を育てるなど、楽しみながら、おいしく野菜を食べましょう。

「さいたま市食育なび」では、さいたま市の学校や保育園の給食レシピ、食品ロス削減につながるレシピなど、野菜たっぷりのレシピを紹介しています。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ