ホーム > おすすめ情報(食育なび) > 朝ごはんを食べて熱中症予防!
件名 朝ごはんを食べて熱中症予防!
内容 暑い日が続いています。

熱中症を防ぐためには、こまめな水分補給、適度な塩分の補給、上手にエアコン・扇風機を使うことなどが大切です。
また、日ごろから体調を整えるために、栄養と休息をしっかりとりましょう。

特に、朝ごはんは午前中の熱中症を防ぐために重要です!
バランスのよい朝ごはんで、エネルギー、塩分、水分を補給しましょう。

献立例1
【ごはん(200g)、納豆、野菜たっぷりみそ汁】
  エネルギー・・・・・・約500kcal
  塩分(食塩相当量)・・約2g
  水分・・・・・・・・・約400g

献立例2
【食パン(8枚切り2枚)、目玉焼き、野菜たっぷりスープ】
  エネルギー・・・・・・約500kcal
  塩分(食塩相当量)・・約2.6g
  水分・・・・・・・・・約380g

献立例3
【カレーライス(ごはん200g)】
  エネルギー・・・・・・約630kcal
  塩分(食塩相当量)・・約2g
  水分・・・・・・・・・約300g


☆牛乳をプラスしてカルシウムも補給☆
【牛乳 コップ1杯(200ml)】
  エネルギー・・・・・・134kcal
  塩分(食塩相当量)・・0.2g
  水分・・・・・・・・・174.8g
  カルシウム・・・・・・220mg


※スポーツドリンクはとり過ぎ注意!
 糖質のとり過ぎや、むし歯につながる可能性があります。
 日常の飲み物は、水やお茶など、甘くないものがおすすめです。
【スポーツドリンク ペットボトル1本(500ml)】
  エネルギー・・・・・・105kcal
  塩分(食塩相当量)・・0.5g
  水分・・・・・・・・・473.5g


早寝して休息を十分にとり、早起きして朝ごはんをしっかり食べましょう。


出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)


声かけ合って防ごう!熱中症(さいたま市WEBサイト)
https://www.city.saitama.jp/002/001/014/004/p005692.html
 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ