ホーム > 活動報告(食育なび) > りんごをすりおろす(4歳児クラス)
リンゴのすりおろし(4歳児クラス)

おろし金を使って、一般的に離乳食や体調がすぐれない時に、よく食べられているリンゴのすりおろしを体験しました。

 子供達が岩槻図書館で借りてきた本で、リンゴに含まれている栄養素を、勉強している所です。
 「ビタミンやミネラル類、食物繊維やポリフェノ−ルなどが豊富です」などと、難しい記述でわかりづらかったですが、栄養が豊富であることは理解できました。
 「緊張する」
 「はやくやりたい」
と言いながらも、すりおろしの手本を真剣に見ています。
 1人は、すりおろす。2番手の児童は、おろし金を動かさないよう押さえています。
 すりおろしたリンゴを、上手にこぼすことなく器に移すことができました。
 「いただきます」
すりたてのリンゴをほおばっています。
 「すごくおいしい」
 「いつも食べているリンゴより、ずっとおいしい」
と、喜んでいました。
 少しだけ残しておいた、すりおろしリンゴです。
 時間が経過すると変色し、茶色っぽくなってしまうことも学びました。
この情報は、「認定こども園 岩槻ひかり」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ