ホーム > おすすめ情報(健康なび) > お酒と上手に付き合いましょう
件名 お酒と上手に付き合いましょう
内容  忘年会や年末年始等お酒を飲む機会が増える時期となりました。
 無理強いせず、お酒の味とその場の雰囲気を楽しんで上手に飲みましょう。


●日本人の節度ある適度な飲酒量とは
 1日平均純アルコールで20g程度。「ビール中瓶1本(500ml)」、「日本酒1合(180ml)」、「缶チュウハイ(7%) 1本(350ml)」などに相当します。

●翌朝運転の予定がある方へ
 体重約60kgの人が、純アルコール量20g程度のお酒、例えばビール中瓶1本を飲んだ場合、アルコールが体内から消失するまで3時間以上かかります。さらにもう1本飲むと6時間以上。大量に飲酒した翌朝は、実際には体内にアルコールが残っていることがしばしばあります。運転の予定がある人は、飲酒を控えましょう。

●ちゃんぽんは酔いが早く回る?
 ちゃんぽんは様々なお酒を飲んだから酔いが早く回るという噂がありますが、実際にはお酒の種類を変えることで味が変わり、おいしく量を飲んでしまう等、アルコール摂取量が増えるために酔うと考えられています。
 
●悪酔いしないためにできること
 ・食事を摂りながら飲む。
 ・アルコールを分解してくれる肝臓の働きをサポートするため、豆腐、チーズ及び枝豆等のたんぱく質を摂る。
 ・和らぎ水を活用する。
 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
この情報は、「さいたま市」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ