ホーム > おすすめ情報(健康なび) > 平成26年死因順位別死亡数(確定数)トップは悪性新生物
件名 平成26年死因順位別死亡数(確定数)トップは悪性新生物
内容  平成27年9月3日、厚生労働省は「平成26年(2014)人口動態統計(確定数)の概況」を発表しました。

【死因順位(第5位まで)別死亡数・死亡総数に占める割合】
 第1位 悪性新生物 368,103人 28.9%
 第2位 心疾患   196,926人 15.5%
 第3位 肺炎    119,650人 9.4%
 第4位 脳血管疾患 114,207人 9.0%
第5位 老衰     75,389人 5.9%

発表内容については、厚生労働省ウェブサイトへ。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei14/index.html

 上記の調査によると、本市の平成26年の死亡総数に占める死因別死亡数の割合で上位5位は次のとおりです。

【さいたま市の死因順位(第5位まで)別死亡数が死亡総数に占める割合】
 第1位 悪性新生物 30.5%
 第2位 心疾患(高血圧性を除く)15.6%
 第3位 肺炎    9.4%
 第4位 脳血管疾患 8.3%
第5位 老衰    5.4%

 平成27年1月1日に厚生労働省が公表した「平成26年人口動態統計の年間推計」と比較してみてはいかがでしょうか。
関連する記事はこちら。
http://genki365.net/gnks19/pub/sheet.php?id=36400 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
この情報は、「さいたま市」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ