ホーム > おすすめ情報(健康なび) > 平成26年「国民健康・栄養調査」の結果が公表されました
件名 平成26年「国民健康・栄養調査」の結果が公表されました
内容  平成27年12月9日、厚生労働省は、平成26年「国民健康・栄養調査」の結果を公表しました。その結果から2点皆様にお伝えします。
 
/塩摂取量の平均値は減少
 20歳以上の食塩摂取量の平均値は、男性が10.9g、女性が9.2gでした。健康日本21(第二次)の目標値は男性が8g未満、女性が7g未満ですので、目標には届いていませんが、減少しています
 さいたま市民は、以前の調査結果によると全国の平均値より發ったことが分かっています。引き続き、上手に減塩していきましょう。
(さいたま市民の食塩摂取量についての記事はこちら)
 http://genki365.net/gnks19/pub/sheet.php?id=39920

∧眇瑤諒振冀佑聾詐
 20歳以上の歩数の平均値は、男性が7,043歩、女性が6,015歩でした。この10年間でみると男性は統計学上減少していることが明らかとなっています。
 約10分歩くと、体重が60kgの人の場合、約30kcalエネルギーが消費されます。これを1年間積み重ねると、約10,950kcalとなり、体重1kg分を消費することになります。反対にいえば、今までより1日約10分歩く時間が減ると、1年間で体重が1kg増える可能性があるということです。
 年齢とともに筋量や筋力が低下するサルコペニアや、足腰や関節等の運動器の低下によって要介護になりやすい状態であるロコモティブシンドローム等を予防するためにも、スポーツに限定せず日頃から体を動かすことが大切です。
 国は+10(プラス・テン)を合言葉に、今より10分多く体を動かすことを推奨しています。皆さんも、日々の生活の中で、一駅分歩く、階段を使うなど+10を心掛けませんか?

 調査結果というと固いイメージがありますが、他にもまだまだたくさんの情報が公表されました。興味関心をもたれた方、是非厚生労働省のウェブサイトをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000106405.html 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
この情報は、「さいたま市」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ