ホーム > 市の施策・事業 > 慢性腎臓病(CKD)を知って、防ごう!
件名 慢性腎臓病(CKD)を知って、防ごう!
内容 ●慢性腎臓病(CKD)とは?
慢性的にたんぱく尿があるなど腎機能が低下した状態。放置しておくと人工透析や腎移植が必要になることがあります。

●慢性腎臓病(CKD)の定義は?
次の´△里い困譴または両方が3か月以上持続する
’△箏豈奸画像検査などで腎障害の存在が明らか。
⊃婬’修里躄甬’修、健康な人の60%未満に低下
(GFRが、60ml/分/1.73嵬に)
※GFRは、血液検査で「クレアチニン」の値から計算でき、これを
eGFRと呼びます。

●慢性腎臓病(CKD)の症状は?
初期は、自覚症状がないことがほとんどで、だるさ、めまい、むくみなどの自覚症状が出る頃には、重症化が進んでいます。

さいたま市では、平成26年度より特定健康診査(のびのび健診)に腎機能検査の項目としてeGFRを追加しました。
また、平成26年7月31日までにのびのび健診を受診された方には、スポーツ観戦チケットや保養施設宿泊券などが抽選であたるキャンペーンを実施しております。
対象の方には、受診券を郵送しておりますので、ぜひ、ご自身のお身体のチェックのためにこの機会に受診してくださいね!
キャンペーンの詳細は

http://www.city.saitama.jp/001/002/006/p034672.html 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
この情報は、「さいたま市」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ