認定こども園 岩槻ひかり
                               

正しい姿勢と食器の持ち方

 幼児部になり、机や椅子も変わりました。正しい姿勢や食器を持って食べる事の大切さを、ポスターを使って学んでいきました。
  

 ポスターを見ながら、正しい姿勢のポイントを一つずつ確認していきました。



 次に悪い姿勢を学びました。姿勢が悪いと、どうなるのか。
・食物の通り道が狭くなってしまう
・骨が曲がってしまう
などいけない理由を説明しました。 
 理解出来たかどうか悪い姿勢を見せてみました。
 「ぐにゃってなってるよ!」
 「背中がピンとしてないからダメだよ」
と、次々と悪いところを指摘してくれ、正しい姿勢を教えてくれました。
 学んだ事を思い出しながら、全員で正しい姿勢を確認しました。足が床に届かない児童には足台を用意しました。
 次に食器の持ち方を学びました。ポイント伝えながら、実際に食器を目の前で持ち、見せていきました。
 一人ずつ食器を持って確認しました。 
 「お茶碗ちゃんと持てるよ!」
得意気に見せてくれました。
給食の時間です。どの児童も背筋をピンと伸ばし、食器を持って正しい姿勢で食べる事が出来ていました。これからも正しい姿勢が身につくよう、声を掛けていきたいと思います。
 
 

前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび