さいたま市教育委員会 健康教育課
                               

さいたま市立辻小学校 平成31年1月17日(木) 地元シェフによる学校給食

【献 立】
 フォカッチャ、ペンネのグラタン、
 黒キャベツのミネストローネ、
 豆乳ティラミス、牛乳
【地場産の食材】
 カーボロ・ネロ(黒キャベツ)
【献立紹介】
 ペンネのグラタンは、新妻シェフが素材からこだわりました。高級食材のポルチーニ(きのこ)と牛肉・豚肉を使ったミートソースを、シェフ特製のベシャメルソースに合わせ時間をかけて味を調えました。その味はまさに料理店の味でグラタンのソースとして焼かなくても、パスタにかけてお店でそのまま出せるのではないかと思えるほどでした。
 ミネストローネは、「具だくさんのスープ」という意味で、さいたま市ヨーロッパ野菜のカーボロ・ネロ(黒キャベツ)を使いました。じっくり柔らかくなるまで煮込んだカーボロ・ネロは、苦味だけではなくスープをおいしくするアクセントになっていました。
 豆乳ティラミスは、牛乳アレルギーの児童にも安心して食べてもらいたいというシェフの紹介で、豆乳ホイップと豆乳チーズを使用しました。コーヒーを染みさせたスポンジを使った大人な味つけですが、子ども達はおいしそうに食べていました。

【給食朝会】
 「ようこそ新妻シェフ 給食ありがとう集会」として、給食週間内の給食と調理員さんへの感謝の会と合同で、新妻シェフの歓迎の会を開きました。給食委員会の児童が司会進行をしました。
 イタリア語でのあいさつから始まり、「チャオ(こんにちは)」「ボーノ(おいしい)」などの言葉を児童に教えてくれました。また当日に仕入れたヨーロッパ野菜のカーボロ・ネロ(黒キャベツ)について、現物を持って詳しく説明してくれました。シェフの「この野菜なんだかわかる?」という質問に、はじめて見た児童は「ほうれんそう?」「ゴーヤ?」など野菜を見た感想を口にしていました。
【給食の時間】
 新妻シェフは給食時間にすべてのクラスを見てくれました。「チャオ」とあいさつして新妻シェフがクラスに入ると、児童も「チャオ」と元気にあいさつを返していました。
 ミネストローネに使用したヨーロッパ野菜のカーボロ・ネロ(黒キャベツ)を、児童に触ってもらい感想をたずねるなど短い給食時間ですが、すごくいい食育になったと思います。児童はカーボロ・ネロ(黒キャベツ)を両手で触ったり、匂いを嗅いだりして、シェフに質問をしていました。
【感謝の会】
 シェフ給食の提供時間に合わせ、細田真由美教育長が学校に訪問しました。新妻シェフとお話しをした後、3年生の教室で会食をしてから、給食後の「シェフ給食ありがとうの会(終わりの会)」にも参加しました。
 「シェフ給食ありがとうの会(終わりの会)」では、給食委員会の児童が新妻シェフに感謝の言葉と花束の贈呈を行い、最後に記念撮影をしました。
 シェフ給食では、おいしい料理、食育、食材を通しての人との繋がりなど、児童は貴重な体験をすることができたと思います。食に対する児童の関心も高まったことと思います。おいしい給食ごちそうさまでした。

前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび